インスタグラムはじめました。こちらから

犬の社会化におすすめの5つのトレーニング

  • URLをコピーしました!

犬のしつけと聞くと「お手」や「おすわり」「待て」などを思い浮かべるでしょうか。

実は犬のしつけにはそういったコマンド(合図)とは別に、犬にとっての正しい社会性を学ばせることもしつけの一つになります。

もしかするとコマンドよりも大切なしつけかもしれません。

ここでは犬のしつけに必要な正しい社会化の方法と、間違えるとどのような逆効果があるのかなどをご紹介していきます。

目次

犬の社会化とは

社会化と聞いてピンとくるのはどんなものでしょうか?

人間でいうと他の人と共同作業ができること、協調性があり集団行動ができること、社会情勢や風潮などに関心を寄せていることを「社会性が高い」とよく言われています。

しかし犬にはそういったものを社会性とは呼ばず、与えられた生活環境に慣れることや人間社会で生きていく能力をストレスなく培うことが「社会性が高い」と言います。

犬が社会性を学ぶには、人間と他の犬との交流が必要不可欠です。

犬の社会化に大事な2つのこと

これから愛犬を社会化するうえで大切なことは、飼い主さんが愛犬を観察をする時間を作ることです。

長い時間をかけて愛犬が体験するものすべてにおいて「なんでもなかった」「危険じゃなかった」と思ってもらうことが1つ目の大事なことです。

愛犬が対象に対して恐怖心を持ってしまうとトラウマになってしまったり、二度と同じ経験をしたがらなくなってしまうからです。

一般的に多いのが動物病院や家への来客に対して恐怖心を持ってしまうようです。

動物病院に恐怖心を持ってしまうと、獣医さんに触れられただけでも威嚇したり噛むようになってしまいます。

家への来客に対しても、しきりに吠えたりマウンティングしてしまったりします。

そういった日常生活での支障を少しでもなくすために、すぐに環境に慣らそうとせずに時間をかけて愛犬が何に対して興味を持っているのかなど飼い主さんがしっかりと観察してあげることが大切です。

2つ目の大事なことは、体験したことが「楽しかった」と思えるようになることです。

この2つの社会化に大事なことを意識しながら愛犬の社会化に向けてしつけをしてみてください。

犬の社会化におすすめの5つのトレーニング

愛犬に社会性を身につける5つの方法をご紹介します。

犬に社会化を学ばせるのに一番良い時期は生後3週~13週頃と言われています。

生後13週だとワクチン未接種の場合、室外における社会化を学ばせるには感染リスクがあるため、まずは室内での様々なものを見せて触れ合わせることから始めましょう。

犬とピクニックに出かけましょう

犬とピクニックに出かけると聞くと「どういうこと?」と思う人も多いはずです。

飼い主が外でゆったりとシートを敷いて美味しいものを犬と一緒に食べながら犬の観察をするだけです。

ピクニックといってもお昼過ぎだけに限定したものではなく、朝の出勤ラッシュの時間帯や子供たちが公園で遊んでいるような時間帯、夕方の学生さんが多い時間帯など、犬の視野を広げるために様々な時間にピクニックに出かけましょう。

自転車に乗っている人やベビーカーを引いたお母さんなどたくさんの人や物を目にして出会うことで、自転車や車にいきなり興奮するようなことが減っていきます。

大きな音や聞きなれない環境音に慣れさせましょう

例えば、救急車や電車の音などは家の中ではなかなか聞くことができません。

また赤ちゃんの泣き声などの大きな音にも慣れていない犬の場合は恐怖心を持つことがあります。

そうした恐怖心や警戒心をなくすために様々な環境音に慣れさせることが大事です。

今ではYouTubeなどで赤ちゃんや犬用に環境音に慣らせるための音源もあります。

そういった音源を流してあげることで恐怖心や警戒心を事前に解いてあげることができます。

屋外に慣れていない子犬たち

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次