人気の大型犬

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ

ホワイトシェパード

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ

ホワイト・スイス・シェパード
原産国:スイス正式名称:ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ
英語表記(White・Swiss・Shepherd・Dog)
平均体高
オス60cm~66cm
メス55cm~61cm
平均体重
オス30kg~40kg
メス25kg~35kg
平均寿命:12歳

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグのルーツや特徴

この犬種は日本ではまだ珍しく、ジャーマンシェパードの中から時々産まれる白い被毛を持つ子のことをホワイトシェパードと呼びます。

ジャーマンシェパードよりも性格は穏やで、番犬や使役犬には向いていないと言われ、排除する動きがでたところを愛好家たちに保護されたという過去を持ちます。

 

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの性格

性格は穏やかで、番犬などには向いていないとは言われていた一方、賢く頭の回転も速いという一面もあったため、オーストラリアなどで作業犬や災害救助犬としても活躍しているとても優秀な犬種です。

優しい性格から初対面でも仲良く生活できる子も多く、家族に対しても思慮深いため、悲しみに寄り添うような様子を見せたりします。

また、子供とも上手く生活できる子が多いため、家庭犬としても活躍します。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの被毛ケアや体のお手入れ

被毛はダブルコートで、ロングタイプとミディアムタイプがいます。

いずれのタイプも換毛期には毛が大量に抜ける為、白く美しい被毛を保つ為にもこまめなブラッシングが必要です。

耳は立ち耳のため、垂れ耳の子よりは蒸れにくいです。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの食事や体調管理など

軟便になりやすい犬種とも言われているので、普段からストレスを溜めないように注意すると共に、消化の良いフードを与えるなど、普通の大型犬よりも食事に気を配ってあげてください。

下痢をしたら、食事のことなど獣医さんに相談してみましょう。

関節系の病気にかかりやすいと言われているので、大型犬だから身体が丈夫だろうという思いこみはやめましょう。

子犬の頃はまだ骨格がしっかりしていないため、運動のさせ方にも注意が必要です。