犬の疑問あれこれ

もしもペットが亡くなってしまったら

※ご注意!この記事はペットが亡くなった時のことを想定した内容となっております。ペットを看取り見送るのは飼い主の責任であると考えます。滞りなくお見送りすることが何よりの供養でもあると考える飼い主さんの一助となる情報であることをご理解いただくとともに、見る人によっては不快な内容が含まれていることも予めご承知おきいただきご覧ください。

大切な家族が亡くなってしまったら、悲しんだり、泣いたりしていいのです。
心の準備ができた時、火葬の予約、納骨場所を決めるといった行動に移しましょう。
亡くなってしまった大切なペットを最後まで見送ってあげるのも家族の役目です。
ここでは息を引き取ってから火葬、納骨までの流れをご紹介します。

ペットが亡くなった直後から火葬(納骨)までの流れ

愛犬を看取った後は、実をいうとやること、考えることはいっぱいです。

  • 身体を綺麗にし、安置させる
  • 箱に納める
  • 火葬の方法を決める
  • 火葬
  • 納骨
  • (30日以内)自治体に死亡届を出す

それぞれの流れを詳しくみていきましょう。

身体を綺麗にし、安置させる

ペットを看取ったら体を温かいタオルで拭いて、綺麗な状態にして安置させます。
目や足が開きっぱなしの状態であれば死後硬直が始まる前にゆっくりと閉じてあげましょう。
可能であればブラッシングをかけて毛並みもきれいにしてあげてください。
遺体の下にはタオルなどを敷いて硬直が始まった後も移動させられるようにしておくと良いでしょう。
安置させておける時間は遺体が腐敗しないまでの3日間程度です。

箱に納める

火葬する場合は事前に段ボールや専用の棺を用意し、箱に納めてあげましょう。
死後硬直がゆるみ始めると体から体液が流れ出てきます。
お尻の穴や鼻の穴、口から液が出てきますので箱に納めるときは事前にペットシーツやバスタオルを敷いてあげると良いです。
箱に納めるときが唯一ペットの最後の重さを感じられる時です。
家族全員で棺に詰めてあげてください。

火葬の方法を決める

火葬方法は大きく分けて4つの方法があります。

代表的な火葬の方法
  1. 合同火葬
  2. 個別火葬
  3. 立会火葬
  4. 移動火葬(訪問火葬)

それぞれの火葬方法を詳しくみていきましょう。

合同火葬

数匹のペットをまとめて火葬する方法です。
金額が一番安く済みます。
「他の犬と仲が良かったから一緒にお空の上に行かせてあげたい」
「みんなと一緒ならさみしくないかな?」
と考える方に人気がある火葬方法です。
しかし欠点として他の犬と一緒に火葬されるため自分の犬の骨が手元に戻らないというデメリットがあります。
火葬後自分の犬の骨は手元に欲しいという方には不向きです。

個別火葬

個別火葬は自分の手に遺骨が戻ってきますが、火葬から収骨まではすべて業者に任せるといった火葬方法です。
「火葬してあげたいけど、火葬に立ち会うのは精神的に辛い」
「自身が高齢のため、火葬場まで行く足がない」
といった方に選ばれやすい火葬方法になっており、すべて火葬専門のスタッフが行ってくれるため自分で行うことや用意するものなどもなく安心して一任することができます。

立会火葬

立会火葬は火葬場に飼い主自ら犬の遺体を持ち込み火葬してもらう方法です。
火葬は火葬場のスタッフが行いますが、遺骨の収骨は家族で行うことができるため最後まで面倒を見ることができます。
日本での人間の火葬方法と同じ方法がこの立会火葬です。
立会火葬は確実に手元に自分の犬の骨が戻ってくる火葬方法なので自分で納骨をしたい人にはおすすめです。

移動火葬(訪問火葬)

移動火葬は自宅まで火葬車(車の中に火葬できる設備の整った車)で出向きその場で火葬を行うことができる火葬方法です。
「火葬場に持っていけないくらいの大型犬」
「火葬施設が遠方過ぎるため負担が大きい」
場合などによく利用されています。
しかし、火葬業者によっては火葬車の取扱いがないことが多いので移動火葬を依頼したい場合は事前に可能店舗を調べておくことが必要です。

納骨

合同火葬以外は手元に犬の遺骨が返ってくるので納骨を行います。
ほとんどの場合は動物霊園や火葬場の納骨堂などに納骨されることが多いです。
また近年ではお骨をパウダー状にし、ネックレスや指輪などに加工しアクセサリーとしていつでもペットと一緒といった遺骨の利用方法もあります。

(30日以内)自治体に死亡届を出す

犬の場合、亡くなった際は自治体に死亡届の提出をしなければなりません。
死亡届は死後30日以内に提出し、「犬鑑札」「狂犬病予防注射済票」を一緒に返却します。
犬鑑札はその犬の生きていた証でもあるため思い出に残したい場合は自治体の方に相談することで返してくれる場合があります。
血統書のある犬は血統書の返却も必要になりますが、こちらも思い出として残しておきたいという場合は相談をすれば対応してくれることもあります。