MENU
インスタグラムはじめました。 こちらから

ペットシッターってなに?

ペットシッター
  • URLをコピーしました!

皆さんはベビーシッターやペットシッターという職業があるのをご存知でしょうか?

ベビーシッターは、家族に代わって子供のお世話をする仕事で、その家に出向き子供の慣れた環境でお世話をします。

そんなお子さんの世話をする仕事がベビーシッターというものに対し、ペットのお世話をする仕事をペットシッターと呼びます。

ここではペットシッターの仕事内容からどんなことをしてくれるのか、実際の依頼方法についてもご紹介します。

目次

ペットシッターとは

ペットシッター

ペットシッターは前述したようにペットのお世話をする専門家です。

家族が仕事で家を空ける間や旅行で家を留守にする間、家族に代わってペットの食事や散歩、ブラッシングなどの健康管理に至るまでお世話をします。

しかし残念ながらペットシッターの地位は日本ではまだ低く、先進国のアメリカなどに比べるとペットシッターよりもペットホテルという考え方が定着しているようです。

ペットホテルとペットシッターの違い

ペットシッターとペットホテルでは選ぶコースによってお世話の内容に大きく差がありますので一例をご紹介します。

ペットシッターペットホテル
料金1,000~5,000円/1頭1,900~6,100円/1頭
部屋タイプご自宅の好きな環境でOKスーペリア、デラックス、スイート
コース散歩のみ、1日1回、1日2回一時預かり、日帰り、宿泊
食事コースによって異なる1日2回(朝、夕)
散歩コース料金に含まれるオプション約20分で1,000円
有料オプション・ドッグサロンへの送迎
・動物病院への送迎
・ドッグランへの出張
・ドッグカフェへの出張
・老犬介護
・宅配の受取、郵便物の受取(応相談)
・花への水やり(応相談)
・トリミング
・動物病院併設の場合は緊急時対応可

ペットホテルのメリットとデメリット

ペットホテルのメリット
ペットホテルのデメリット
  • 営業時間中はずっとペットの様子を見てもらえる
  • トリミングサロンが併設している場合はトリミングも受けることが可能
  • 動物病院が併設されている場合急な体調変化も診察してもらえる
  • 停電時や災害時などにサポート体制が整っている
  • 他のペットとの共同生活になるのでストレスが溜まる
  • 他のペットが風邪など病気を持っている場合に移ってもらうことがある
  • ペットホテルの営業時間内にお預け、お迎えをしなくてはいけないので時間に左右される
  • 散歩はオプションの可能性が高く、予約状況によっては受け付けてくれないこともある
  • コロナ禍は時短営業などで都合が合わせづらい

ペットシッターのメリットとデメリット

ペットシッターのメリット
ペットシッターのデメリット
  • 住み慣れた場所でのお世話のためストレスが溜まりにくい
  • 他のペットとの相性を気にしなくて良い
  • 自宅にシッターさんが来てくれるので、ホテルへ預けたりお迎えの時間を気にしなくて良い
  • ペットのお世話以外の(植物への水やりなど)要望も可能な限り聞いてくれる
  • 知らない人に家の鍵を渡すことになるため不安を感じる
  • シッターさんがいない時間はペットのお世話をする人がいない
  • 緊急性の高い病気やケガの対応や災害時などの対応ができない可能性が高い

ペットシッターを選ぶコツ5選

ペットシッターには、個人経営のペットシッターと大手が経営しているペットシッターさんがいます。

シッティング内容やオプションサービスなどにも差があります。

ここでは選び方の一例を紹介しますので、ペットシッターを依頼する際の参考にしてみてください。

綿密な打ち合わせができるか確認しよう

初めてペットシッターを依頼するときは、自宅に一度訪問させていただき事前に打ち合わせを行います。

打ち合わせの席でカルテと同意書に記入し、シッティング内容や料金について説明を受け、相互で確認したのちに合鍵を渡すことになります。

ペットの命や合鍵を渡すことになるので、しっかりと打ち合わせのできるペットシッターさんを選びましょう。

ペットとの相性を確認しよう

打ち合わせの席にお世話をしてもらうペットを一緒に参加させるようにします。

犬や猫の場合は実際にシッティングしてもらう人との相性が重要です。

警戒していなければ問題はありませんが、威嚇していたり、噛みつこうとしている様子が見られた場合には打ち合わせを中断し、他のシッターさんに変更するか他のシッティングサービスに依頼するようにしましょう。

ホームページの有無や実績を確認しよう

ホームページはしっかりと作りこまれているか確認しましょう。

住所や動物取扱業登録番号、問い合わせの電話番号まで記載されているか確認することが大切です。

参考程度に口コミを利用するのも良いかもしれません。

あいまいで不明瞭な言い回しを使っていないかなど、情報の正確性は依頼するときの一番の判断材料になります。

依頼しようと考えているペットシッターさんがいる場合は、ホームページや口コミをまずは見てみましょう。

料金は適正か確認しよう

料金が格安すぎるペットシッターや逆に高すぎるペットシッターに依頼しようとしていませんか?

ペットシッターの価格差は、一般的にそこまで大きく差はないと言われています。

下記に一覧として参考価格を載せましたのでペットシッターを選ぶ際の参考料金として活用ください。

基本料金シッティング1日1回シッティング1日2回散歩のみ
小型犬2,000円~2,500円3,000円~4,000円1,000円~1,500円
中型犬2,500円~3,000円4,000円~5,000円1,500円~2,000円
大型犬3,000円~3,500円5,000円~6,000円1,700円~2,500円
猫(2匹まで)2,000円~2,500円3,000円~3,500円
小動物1,000円~1,500円1,500円~2,000円
2021年 大手、個人経営のペットシッター会社ランダム10社しらべ

ペットシッター賠償責任保険に加入しているか確認しよう

一番大事なのが、このペットシッターの任意保険に加入しているかどうかです。

この任意保険は様々な団体でオリジナルの保険として扱っていることが多いです。

内容は大きく異なる部分はほとんどありません。

次のような場合に保険が適用されます。
  • 預けた犬が散歩中に人に噛みついてケガを負わせてしまった場合
  • 散歩中他の犬と喧嘩になり、相手の犬にケガをさせてしまった場合
  • 散歩中にケガをして、預かっているペットを動物病院に連れていった場合の医療費
  • リードを引っかけてバイクや自転車などを転倒させてしまい賠償が発生した場合
  • 室内でお世話をしていて、シッターが誤って家具などを壊してしまった場合
  • 飼い主より預かった鍵を紛失、破損により鍵交換が必要となった場合

こういった不慮の事故や、シッターの不注意による保証がついているシッターを選ぶのが何より大切です。

この保証制度に加入していないシッターでも賠償責任請求をすることは可能ですが、シッターが事前に賠償責任保険に加入しているほど安心なものはありません。

ペットシッターに関するよくある9つの質問

ペットシッターを利用する際に皆さんがよく質問する内容をまとめました。

ペットシッター各社によって取り決めがありますので、事前に必ず確認してからお願いをするようにしましょう。

まだ予約するかわからないけど、とりあえず話を聞くだけってできるの?

もちろん可能です。

一度お会いして料金形態やシッティングの詳細、現在の空き状況についても話を聞くことができます。

お会いしたその場で依頼することや、パンレットだけもらうことも可能ですので気軽に問い合わせてみてください。

キャンセルはいつまでにすればいい?

事前打ち合わせ後のキャンセルは、3日前まではキャンセル料はかかりません。

2日前から前日までは見積額の50%、当日は100%のキャンセル料が発生します。

各会社、シッターによってキャンセルについての対応は様々ですので必ず確認しておきましょう。

散歩は何頭までお願いできますか?

散歩に支障のない範囲であれば複数頭での散歩が可能です。

ただし状況によっては安全確保のため1頭ずつの散歩を実施することがあります。

予約はいつまでにしたらいいのでしょうか?

予約は3ヶ月前から受け付けているところが多いようです。

前日や当日の急な依頼でも対応してくれる店舗もありますので確認してみましょう。

初めての場合は、事前の打ち合わせやトライアルなどがありますので、依頼日に余裕をもって相談や予約をするようにしましょう。

支払方法はどんな方法がありますか?

会社によっても異なりますが、お支払いの振込用紙が利用月の月末頃に届きます。

銀行振り込みかコンビニ振り込みが一般的で、どちらか都合の良い振込方法で支払う形となります。

長期出張のため新聞の受け取りや宅配便の受け取りなどをお願いしたいのですが可能ですか?

可能な場合もありますし、有料オプションとしてお請けする場合もございます。

再配達の受取などは、シッティング時間内の配達に限り受け取り可能とする場合が多いようです。

今後も利用しますので鍵をそのまま預かっていただけますか?

ペットシッター会社にもよりますが、基本的には可能です。

常連さんやリピーターさんのほか、平日の散歩を定期的に利用されているお客様などは、特別に鍵をお預かりしています。

コロナ対策の取り組みはしていますか?

コロナ対策の取り組みとして、1日にシッティングをお引き受けするお客様数を制限しています。

また、お客様宅ごとに除菌や滅菌されたエプロンを使ったシッティングの実施、退出時にドアノブや窓、ケージ付近の除菌を徹底しています。

コロナ感染宅にも訪問は可能ですか?

残念ながら現段階でコロナに感染された方へのシッティングサービスを行っているペットシッターや企業はありませんでした。

感染された段階で、定期的に利用されているお客様やリピーター様であっても、シッターの安全確保と他の利用者様への安全対策のためシッティングサービスを停止させていただきます。

ペットシッター

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

AlfredPAPAのアバター AlfredPAPA わん育・にゃん育 管理人

愛犬のゴールデンレトリバーに心酔する親バカです。
皆さんが愛犬や愛猫と楽しい生活に浸っていただけるような情報をご提供できればと思っています。
しつけや成長をサポートするおすすめアイテムなどもご紹介します。

目次
閉じる