犬の疑問あれこれ

愛犬と旅行に出かけよう

トランクと犬

犬との旅行におさえておきたい2つのポイント

愛犬と過ごす時間はとても楽しいものです。

お留守番もさせずペットホテルにも預けず、一緒に旅行へ連れて行きたいと思う方も多いのではないでしょうか。

ですが「果たして我が家の愛犬でも一緒に泊まれるのだろうか・・・」と不安に思う方もいるでしょう。

そこで今回は、愛犬と泊まれるホテルでの注意点やをめとめてみましたの参考までにご覧ください。

犬との旅行におさえておきたいポイント その1|宿泊施設に泊まる際の注意点

いくら愛犬と一緒に泊まって良いと言われても、マナーやほかの宿泊客への配慮には気を付けなければなりません。

自分中心にならないためにも、いくつかの注意点を理解しておきましょう。

狂犬病などのワクチン接種は済ませましたか?

特に1歳になっていない子犬は注意しましょう。

ワクチンを打とうと思っても、2~3回に分けて接種することになると思いますので、ワクチンを打ってもすぐに旅行に連れていくというわけにはいかないケースがあります。

聴診器
愛犬を健康診断に連れて行こう愛犬の健康診断は済ませましたか?家族に迎えたばかりだと日々の生活に手いっぱいで忘れがちですが、ワクチン接種や去勢、避妊なども考えなくてはなりません。適切な時期や季節に合わせて、予防接種やワクチン接種を行いましょう。愛犬が安心して楽しい散歩に出かけられるようにスケジュール管理をしっかりとしましょう。...

ワクチンを打った際の証明書は、施設を利用する時に提示を求められる可能性が高いので、必ず持ち歩くようにしましょう。

鑑札、狂犬病予防注射済票、混合ワクチン接種証明書などがそれにあたります。

犬が興奮しても落ち着かせられるようにしよう

「ペットと一緒に泊まれるのだからちょっとくらい吠えても大丈夫でしょう?」と思う方もいるかもしれませんが、吠えたらちゃんと叱り、吠えるのをやめさせましょう。

しつけをしている犬
犬のしつけ方 おすわりと待て、アイコンタクトを教えよう愛犬に教えたい3つの基本的なしつけ、お座り、待て、アイコンタクトに焦点をあててみました。愛犬との生活の中で、愛犬をコントロールしないといけない場面は頻繁に訪れます。愛犬との意思疎通や興奮を落ち着かせることなどは特に重要ではないかと思われます。簡単なしつけ方をまとめましたので参考までにどうぞ。...

「吠え癖をしつけておく」「アイコンタクトを出来るようにしておく」ことは大事なことです。

ケージの中で過ごせるようにしよう

宿泊施設の中には、犬はケージの中で過ごさせるように言われるケースもありますので、普段からケージには慣れさせておきましょう。

お留守番トレーニングなどもしておいた方が無難です。

夜も飼い主さんと一緒に寝られないケースが多いようですので、離れることに我慢できるようにしつけましょう。

体はきれいに清潔に

宿泊前にはしっかりと体を清潔にして身だしなみを整えるのもマナーです。

シャンプーや十分なブラッシングに加え、定期的なノミやダニの予防対策をしてから連れて行きましょう。

シャンプー途中の犬
シャンプーとブラッシングで愛犬の全身ケア犬の全身をきれいにする、シャン;プーとブラッシングの2つのケア方法をお役立ちアイテムと共に紹介しますので参考までにどうぞ。ご家庭でのシャンプーは、洗う前の念入りなブラッシングと洗った後の念入りなふき取りがポイントですので、特に長毛種の犬には大事な工程となりますのでお見逃しなく。...

抜け毛の対策として、服を着せることで抜け毛の飛散を多少防いでくれるのでオススメです。

トイレトレーニングは済んでいますか?

トイレトレーニングは必ず済ませておきましょう。

粗相をしてしまったら、黙って放っておかずに宿泊施設の方にちゃんと伝えて処理しましょう。

事前にトイレを済ませておけると良いのですが、タイミングが悪い時もありますので、不安な方はペット用のおむつ(マナーベルト)を着用させましょう。

トイレトレーニングは簡単なしつけでできるようになりますので下記の記事を参考に実践してみてください。

犬の歯磨き
犬のしつけ方 子犬の頃からはじめたい簡単なしつけ愛犬の散歩後に必要な足ふきやブラッシング、歯磨きにトイレマナーなど5つの簡単なしつけ方をまとめました。成犬になってからでもしつけはできますが、子犬の頃から始める方が楽な場合が多いようですので、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?...

犬との旅行におさえておきたいポイント その2|旅行に持っていきたいアイテム

注意点を押さえたところで、次にわからなくなるのが宿泊時の持ち物ではないでしょうか。

犬との旅行に持参すると便利なアイテムをご紹介しますので参考までにご覧ください。

リードと迷子札

宿泊施設の規定により様々かとは思いますが、館内でもリード着用が基本です。

限られた空間とはいえ、ふとした瞬間に脱走を試みる犬もいることは確かです。

迷子札は必ず着用させておきましょう。

粗相をした時の袋と消臭剤

やはりペットと一緒にいるといつ何があるかわかりません。

お出掛け時は愛犬に大きなストレスがかかっているでしょう。

普段しないこともしてしまう恐れがありますので、いつもより多めに袋を持参して備えは万全に。

消臭剤も一緒に持っていくと良いかと思います。

小分けしたフードと飲料水

ペット用の食事メニューを用意している宿泊施設もあるかと思いますが、食べてくれないことも想定して、いつも食べているフードなどは必ず持っていきましょう。

また、夏場であれば傷みにくいドライフードが良いでしょう。

携帯できるタイプのボウルがあると、何かと便利ですのでフード用と飲料水用の2つを持っていきましょう。

トイレシート

先程おむつ(マナーベルト)の話をしましたが、トイレシートも必要でしょう。

常備している宿泊施設も多いですが、予備があると安心です。

ウェットシートやコロコロ

食べこぼしなどをサッと拭けるウェットティッシュや、毛が付いてしまった時に使えるコロコロは、スマートに宿泊する上でのマストアイテムです。

ケージや毛布など

ケージ持参の宿泊施設の場合は必須です。

犬からしてみても、いつも使っている自分のニオイが付いたケージなどの方が安心して眠れるかと思います。

またペットベッドやお気に入りの毛布などもあると良いでしょう。

観光地での移動時には、カートを持っていいけると一緒に色々見て回れる選択肢が増えるのでオススメです。

必須でない場合は、荷物の量などと相談しながら検討しましょう。

犬と旅行に出かけようのまとめ

色々と対策は必要かと思いますが、愛犬と一緒に旅行に行けることはとても楽しくたくさんの思い出作りができます。

無理だと諦めていた方も、これを機にしっかりとしつけや対策をして思い出作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?