インスタグラムはじめました。こちらから

トイプードルにおすすめのドッグフードをお悩み別に紹介

  • URLをコピーしました!

トイプードルと言えば、小型犬の中ではナンバー1の人気を誇る可愛くてとても賢い犬です。

トイプードルならではの次のようなお悩みを持つ飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

  • 涙やけしやすい
  • 皮膚アレルギーを起こしやすい
  • 毛並み毛艶がうまく保てない

これら3つのお悩みは、トイプードルの飼い主さんから多く聞かれるお悩みです。

これらの悩みはどうして起きるのか?という説明と共に悩みを解決できるであろうオススメのドッグフードを「悩み別」にそご紹介します。

目次

トイプードルが涙やけを起こしやすい理由とは?

トイプードルは、特に涙やけを起こしやすい犬種です。

涙やけには様々な要因が考えられるのですが、特に多い原因として次のような原因が挙げられます。

  • 目が大きい(涙腺が敏感)
  • 体が小さい
  • 顔周りの被毛が多い

ということが挙げられます。

体が小さいので、顔が床や地面に近いためゴミや埃が目に付着しやすくなります。

また、目が大きいということは、必然的に目に埃や毛などの汚れが入りやすくもなります。

自分の被毛に付着した汚れやゴミが原因で涙やけを起こしてしまいます。

トイプードルが皮膚アレルギーを起こしやすい理由は?

プードルという犬種は、もともと皮膚アレルギーが起こりやすい犬種です。

個体差はありますが、特に皮膚が敏感な犬種のため、皮膚トラブルが起こりやすい傾向にあります。

また小型犬は、体の小ささに比例して内臓も小さくできています。

体が小さい分、代謝の盛んなトイプードルにとっては、食べ物によるアレルゲンに反応しやすくなります。

代謝が早いので、外界からの刺激にも反応が起きやすいのです。

毛並みや毛艶が保てないのはなぜ?

トイプードルと一緒に暮らしていて、楽しみの一つでもあるのが「被毛のカット」ではないでしょうか?

可愛く整えてあげられると、ぬいぐるみのように愛らしいのですが、せっかくトリミングやカットに行っても、
なぜか毛並みや毛艶がすぐに悪くなっちゃう・・・なんてことはないでしょうか?

これは、腸内環境に理由があることが多いことをご存じでしょうか?

腸から吸収された栄養素が被毛を作りますが、その栄養のバランスが悪ければ、被毛にも表れてくるのです。

腸内環境を整えてみると毛艶が蘇ることも十分に考えられます。

トイプードルの3大お悩み別・おすすめフードをご紹介します

トイプードルの3大お悩み別に、オススメのフードを厳選してご紹介しますので参考にしてみてください。

ドッグフード選びのポイントとしては、トイプードル専用のフードでも問題ありませんが、次のような栄養バランスで総合的に判断することが大切で、お悩み解決には効果的なことが多いようです。

涙やけ対策にオススメのフード:「安心犬活」

  • 販売会社:株式会社ライフワン
  • 内容量:800g
  • 対象:全犬種・オールステージ対応
涙やけ対策に、皮膚の栄養素となるコラーゲンペプチドやアミノ酸と、皮膚のケアに欠かせない魚由来のDHAのバランスに注目。ヒューマングレード品質も抜群。

皮膚アレルギー対策にオススメのフード:「ナチュロル」

  • 販売会社:楽しい製薬株式会社
  • 内容量:850g(初回お試し:100円/30g)
  • 対象:全犬種・全年齢対応
「生牛肉・鶏生肉・馬生肉」の3種類のタンパク質をバランスよく配合することで、タンパク質の主成分が一つに偏らない工夫が施されている。

毛並みや毛艶のケアにオススメのフード:「カナガン」

  • 販売会社:株式会社レティシアン
  • 内容量:2kg
  • 味:チキン味
  • 対象:全犬種・全年齢対象
海藻類の豊富なミネラルやヨウ素が、犬全般の毛並みや毛艶を整えることには、常に一定の高評価を得ています。被毛の多い犬種には特にオススメのフードです。

総合オススメフード:「モグワン」

  • 販売会社:株式会社レティシアン
  • 内容量:1.8kg
  • 対象:全犬種・全年齢対象
新鮮なチキンとサーモンを50%以上も使用し、カボチャやクランベリーなどの野菜や果物をたっぷり配合した、美味しさと栄養バランスを兼ね備えたスペシャルフード。

まとめ

トイプードルのお悩み別にオススメのフードをご紹介してきましたが、気になるフードはありましたでしょうか?

愛犬のフード選びで大切なことは、冒頭でお伝えしたように「小粒で食べやすい・栄養素がバランスよく配合されている・食いつきが良い」の3点です。

もし、フード選びに迷ったときは、どれか一つのブランドにこだわらず色々な種類を試してみることをおすすめすると共に、それぞれを混ぜてあげてみるという方法なども試してみてはいかがかと思います。

愛犬の様子をよく観察して、最適なフードを選んでください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次