犬の疑問あれこれ

愛犬を歯の病気から守ろう

歯は、犬が病気に罹りやすい部位の一つです。
代表的なものに歯周病という病気があります。
人間と同じように食べ物を食べた後にしっかりと歯磨きを行わなければ、犬も歯周病にかかりやすくなってしまうのは人間と同じです。
歯周病は、飼い主のオーラルケアによって予防できる病気ですが、正しい予防法やオーラルケアの方法を知らない飼い主さんが多く、上手に予防できていないのが現状です。

ここでは犬が歯の病気に罹らないために、犬の歯の構造や病気になる原因を理解し、正しい予防法で病気に罹らないようにする方法をご紹介します。

犬の歯

犬にとって歯とは

犬にとって歯(口)は人間と同じように食べ物を食べたりする役割のほかに、吠えたり鳴いたりすることで自分の意思を伝達することや舐めあうことで相手を知るコミュニケーションをとる部位でもあります。

肉食に近い雑食動物である犬では、裂肉歯(上顎第4前臼歯と下顎第1後臼歯)と呼ばれる剪断力が高い歯があります。
切歯で切ったり捕捉し、犬歯で引き裂き、前臼歯で剪断、後臼歯ですりつぶす役割があり、すべての歯を駆使して獲物を捕らえます。

犬の歯の成り立ち

犬の乳歯は28本

上顎切歯6本
上顎犬歯2本
上顎臼歯6本

下顎切歯6本
下顎犬歯2本
下顎臼歯6本

犬の永久歯は42本

上顎切歯6本
上顎犬歯2本
上顎前臼歯8本
上顎後臼歯4本

下顎切歯6本
下顎犬歯2本
下顎前臼歯8本
下顎後臼歯6本

犬の乳歯、永久歯はこのような本数となります。

犬の歯の内部構造

乳歯は生後3週間~2ヶ月になるにかけて切歯→臼歯→犬歯の順に生えてきます。
永久歯は4ヶ月頃~7ヶ月位にかけて切歯→前臼歯→後臼歯→犬歯の順で生え変わります。
普通であれば犬の生え変わりの時期は4ヶ月~6ヶ月ごろに行われますが、小型犬はこの期間よりも1ヶ月程度遅くなります。

歯は口の中の見えている部分(口腔内)を歯冠、見えない部分(顎骨内)を歯根と言い、歯冠と歯根の間にある部分を歯額と言います。

犬の歯の構造

出典:https://www.anicom-sompo.co.jp/doubutsu_pedia/node/1250(みんなの動物病気大百科より)

犬の歯の内部構造:歯冠

歯冠は外側から「エナメル質」「象牙質」「歯髄」で形成されています。

エナメル質
体内の中でも最も固い組織で歯冠を覆って象牙質と歯髄を保護しています。
通常は加齢とともに歯と歯の接触や他の何らかの物質による摩擦ですり減っていきます。

象牙質
生後、歯が生え始めたときにはすでに形成されている象牙質を第1象牙質と言い、加齢とともに作られる象牙質を第2象牙質、摩擦などの刺激によって形成されるのが第3象牙質と呼ばれます。

歯髄
外側に象牙質芽細胞があり生涯象牙質を形成し続けます。
加齢とともに歯髄腔が狭まり歯が割れたり欠けたりすることで歯髄が露出し(露髄)、放置すると歯髄炎や歯髄壊死が起こります。
さらに悪化すると外歯瘻や内歯瘻に至る可能性もあります。

犬の歯の内部構造:歯根

歯根は『セメント質』『象牙質』『歯肉』『歯槽骨』『根管』で形成されています。

セメント質
セメント芽細胞から形成されており組織学的には骨に類似しています。
加齢とともに厚くなり炎症などで添加されていきます。

歯肉
歯肉は強い保護粘膜で損傷しても治癒が早いのが特徴です。歯槽骨と線維で繋がっており歯と歯肉の間の溝を歯肉溝、歯周炎になると歯肉ポケット、歯周炎になると刺繍ポケットと呼ばれます。
歯肉のポケットの深さで歯肉炎の判断をします。

歯槽骨
歯を支えている骨の一部を歯槽骨と言います。

歯根
歯に受けた衝撃を槽骨に伝わらないように緩和させる役割があります。
犬の正常な咬合では切歯は上顎骨が下顎骨に軽く被いかぶさっています。
顎の長さや顎の幅が不均等の場合を不正咬合と言い不正咬合のクラスを0~4クラスに分けてあらわすこともあります。

歯の病気No.1の歯周病について

犬の歯で最も多い病気「歯周病」について、原因から発見、治療までをご説明します。

歯周病の原因

歯周病は3歳以上の犬の約80%以上に見られる疾患です。

不思議なことに、この歯周病という病気は、野生動物はほぼ罹らず、家庭犬にのみ多く見られる病気です。
野生動物に発症しにくい理由として、野生下では野生動物の生肉を食べるため、その生肉の強靭な線維によって歯の表面の歯垢や歯石が削れて比較的きれいなままでいることができるからだと言われています。

一方で家庭犬は、ドッグフードや手作り食など柔らかい物質が歯につきやすく、その結果、歯垢や歯石が多くなり歯肉などに炎症が起こりやすくなります。
ウェットタイプやペーストタイプはさらにドライフードより歯垢がつきやすく歯肉の炎症が起きやすい傾向があります。

犬の体格によってみお発症に差があり、大型犬より小型犬のほうが歯垢・歯石がつきやすいと言われています。
小型犬は体の大きさと比較してみると歯が大きく、小さな狭い口に歯が密集しているため、食べかすなどが歯の表面につきやすいことが原因に挙げられています。
さらに小型犬は室内で飼われることが多く、おやつを与える機会が多いため歯周病になる率が高いとも言われています。

歯周病の進行

歯周炎が進行すると根尖周囲病巣(歯肉の腫れ)を引き起こし、さらに炎症が進行すると外歯瘻(皮膚に穴が開くこと)、内歯瘻(口腔粘膜に穴が開くこと)になります。

歯周病の進行の背景には、歯周炎が放置されることにより歯肉が少なくなってくる病態、歯並びの悪さ、歯列が良くないことや、食べ物が歯に挟まっていること、歯の形の異常などにより歯周炎に進行しやすくなります。
人間は、血液疾患、糖尿病、栄養障害や喫煙などが関与すると歯肉炎のリスクが高まると言われています。
動物ではこれらの全身性因子が歯周病へ関与しているかは不明ですが、そのいくつかが歯周病のリスクを上げている可能性があります。

歯周病の発見

歯周病の判断は口腔内検査を行って歯周病の程度を把握します。
最初は麻酔などは使用せずに大まかに歯垢や歯石の付着状態を確認し、歯肉や口腔粘膜の腫脹、色調などを検査します。
麻酔下での検査では、詳細に歯肉の炎症程度、歯垢の付着程度、歯石の付着程度や歯の動揺度、ポケットの深さなどを検査し、必要に応じて口腔内X線検査を行い歯周病の程度を確認して治療方針を決定します。

歯周病の治療

歯周病の治療には、歯周病の原因と歯周病に悪影響している可能性を無くすことで歯周組織の炎症を改善します。

治療法としては、歯垢や歯石の除去、抜歯、歯周外科治療などのさまざまな治療法があります。
動物病院で行われる治療で最も多いのが歯垢や歯石除去と抜歯です。
歯垢や歯石除去は、通常スケーリングと呼ばれ、全身麻酔下で歯肉炎上歯石と歯肉炎下歯石に対して行われます。
それらを除去した後にルートプレーニング(汚染されたセメント質表層を除去し滑らかな根面にする)を行い、さらに歯面を滑らかにするためにポリッシング(歯面研磨)も行います。
すべての工程が終了したら生理食塩水などで洗浄し、細菌感染を抑制するためのジェルを投与します。

スケーリングができない場合の歯周病の治療に関しては代替治療を行います。
代替治療は、歯周外科治療か抜歯を行うことがほとんどです。

犬歯や切歯を抜歯した場合、患部をこすりつけたりしないようにエリザベスカラーを利用します。
エリザベスカラー装着中は固い食事や固いデンタルケアグッズの使用は避け柔らかい食事を与えるようにします。
縫合部分の歯磨きは約2週間は行わないようにしましょう。

処置後のデンタルホームケア(自宅での歯磨き)

歯周病は、フィラリア予防や混合ワクチン接種と同様に予防できる病気の1つです。
歯の表面に歯垢や歯石が付着しないようにするために歯磨きを取り入れましょう。

歯磨きに慣れていない子の場合は、いきなり歯磨きをしても嫌がりますので、歯磨きトレーニングは子供のうちから始めるのがおすすめです。

犬の歯磨き
犬のしつけ方 子犬の頃からはじめたい簡単なしつけ愛犬の散歩後に必要な足ふきやブラッシング、歯磨きにトイレマナーなど5つの簡単なしつけ方をまとめました。成犬になってからでもしつけはできますが、子犬の頃から始める方が楽な場合が多いようですので、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?...

歯磨きの練習:STEP1

嫌がる子や、初めて歯磨きを行う時は、まずは口の周りを触れることに慣れさせ、口の周りを触れたら褒めることを繰り返しましょう。
おやつを与えながら褒めるのも効果的です。

歯磨きの練習:STEP2

触れることを嫌がらないようになれば唇をめくり飼い主の指を口に入れる練習です。
その時も指を入れることができたら褒めてあげることを繰り返して慣れさせます。

歯磨きの練習:STEP3

指で歯を触ったりすることに問題がなければ、指にガーゼを巻き付けて、ぬるま湯や水、動物用の歯磨きペーストを付けて歯の表面をこすってみましょう。

歯磨きの練習:STEP4

ここまでできるようになったら歯磨きを用いて実際に歯を磨きます。
歯磨きペーストは動物用のものを使用しますが、ぬるま湯や水だけでも問題ありません。
歯ブラシの毛先が歯肉の中に入るように角度を変え歯の表面についた歯垢を除去していきます。

犬は、口の中のpHがアルカリ性なので歯垢が数日で歯石になりやすく、歯石になる速度は人の数倍も早いです。
歯磨きの頻度を多くできない場合は、「デンタルガム」や「デンタルボーン」など犬自身が自ら進んで噛むことのできる歯磨きグッズを与えるのも良いでしょう。

歯周病以外の歯にまつわる3つの病気

犬が歯の病気に罹るのは歯周病だけではありません。
落下事故や交通事故、硬いものを噛んでしまったことによって歯が破折することもあります。
他にも顎骨骨折や口腔内腫瘍などの病気もあります。

歯の破折

硬いものを噛むことによって上顎第4前臼歯の平板破折と言って第4前臼歯の頬側が剥がれるように破折することが多いです。

歯の破折は歯冠のみ、歯冠と歯根、歯根のみの場合があります。
歯髄を含んでいない破折を単純性破折、歯髄を含んでいる破折を複雑性破折と言い、歯軸に対して水平方向の破折を水平破折、歯軸に沿った破折を縦破折と言います。

破折を起こし象牙質が露出すると冷たい水などで知覚過敏を起こし歯髄が露出すると激しい痛みを生じ細菌が破折部分より侵入し放置すると、歯隨炎から歯髄壊死に至ります。
さらに根尖の周りが炎症を起こすことで根性周囲病巣から外歯瘻や内歯瘻に至ることも少なくありません。

破折の治療は破折部位、破折の程度、破折の時期、ならびに歯周組織の状態などを考慮して治療を行っていきます。
動物病院では口腔内レントゲンを用い根尖周囲病巣の有無と程度ならびに歯周病の有無と程度を確認していきます。

破折に対する治療には、保存修復、歯内治療、抜歯のいずれかの治療を行うことが多いです。
露出した歯が見つかった場合は根尖周囲病巣や外歯瘻・内歯瘻に至る前に速やかに歯の保存に努めるか抜歯を行うかの判断をします。
露出した歯をそのまま経過放置することは大変危険ですので、必ず保存するか抜歯するかを獣医さんと相談して治療方針を決めましょう。

顎骨骨折

犬の顎骨骨折は交通事故や落下事故により生じることもありますがほとんどの場合重度の歯周病により下顎歯の周囲の歯槽骨が吸収されている小型犬の歯周病が原因の下顎骨の骨折です。

骨折の治療には疼痛をともない、口は開いたまま、口腔内から出血が見られることもあり、咀嚼や嚥下が困難になることが多く、基本的には全身麻酔下で整復手術を行い治療をしていきます。

口腔内腫瘍

口腔内にできる腫瘍には口腔内に限定される歯原性腫瘍とその他の転移しやすい非歯原性腫瘍に区分されます。
一般的に口腔内腫瘍は悪性腫瘍が少なく、悪性黒色腫を除いて全身転移を引き起こすことは滅多にありませんが、口腔内の疾患のために食事や呼吸に影響してくることが多いです。

治療は外科手術が可能であれば外科的摘出を行います。
そのほかにも化学療法や放射線治療法も行うことがありますが、小さな町の動物病院では治療が難しく大型の動物病院を紹介されることもありますのでよくかかりつけの獣医さんと相談するようにしてください。

歯の確認
犬の健康な歯(虫歯、歯石、口臭の予防)を維持する厳選おすすめアイテム愛犬を歯石や虫歯、口臭から守るためにおすすめの予防対策グッズを紹介します。自宅での歯磨きなどの口腔ケアに取り入れると効率よく歯磨きができたり健康な歯を維持する助けとなるものを厳選しましたので、ケアグッズ選びの参考にしていただければと思います。...