猫の疑問あれこれ

猫を上手に撮影できないときのアイテムとコツ3選

せっかく猫を撮るために一眼レフやデジカメを買ったのにうまく撮れない・・・

スマホでは限界があるのかな?

猫の撮影で多く聞かれるのが、犬のように待てなどのしつけができないため、どうしても撮った写真がぶれてしまうというお悩みが多いです。

しかしコツさえつかんでしまえば猫の写真はスマホでも撮ることができ、デジタルカメラや一眼レフを利用すればプロのような写真を私たち一般人でも簡単に取ることが可能です。

ここでは猫を静止画で撮る際のポイントやカメラの設定の仕方などをご紹介します。

猫の撮影

ブレないカメラの持ち方を覚える

撮影時のブレを防ぐのは、猫を撮影するにあたり基本中の基本となり、ブレにはカメラブレと被写体ブレの2種類があり、室内での撮影や夜外での撮影は暗くシャッタースピードが遅くなりぶれやすいことを覚えておきましょう。

カメラブレはシャッターを切った時にカメラが動いたことによるもので、被写体ブレはカメラを固定していたのに猫の動きが早くてぶれてしまったものを言います。

しかし、この2つのコツを取り入れることでカメラブレにも被写体ブレにも対応できるようになります。

・カメラを動かさないこと
・シャッタースピードを速くすること

このブレを防ぐためのこの2つのポイントを詳しくご紹介します。

カメラを動かさないこと(カメラを固定する)

ポイントはカメラの構え方と周りにあるものを上手く利用して自分の体やカメラを固定することです。

カメラを横に構えるとき

軽く脇を占めてカメラの重みを左手で支えます。
カメラにかかる力はシャッターを押すときに上から下に力が加わりますので、左手でカメラの重みをしっかりと支えることが重要です。

カメラを縦に構えるとき

どちらの手が上でも下でも間違いではありませんが、両手が使えるときは右手が上で左手が下の方が安定します。
この場合も左手でカメラをしっかりと支えるようにしてください。

おもちゃと一緒にカメラを構えるとき

猫撮影の場合、左手におもちゃを持って右手だけでカメラを持つ場合も少なくありません。
この場合はカメラを右手で下から支えるのがおすすめです。
横の場合右手だけでカメラを構えるのは大きめのカメラだと難しいことがあります。
できるだけ身の回りにあるものでカメラを支えるようにしましょう。

その他のカメラの構え方

膝に肘を乗せる方法やテーブルやいすを利用してカメラを支える方法、床に肘をついたり両手でカメラを持つ方法、さらに壁に体やカメラをくっつけたりテーブルやいすで肘を支えたり体やカメラを固定するとカメラブレをかなり防ぐことができます。

シャッタースピードを速くする

シャッタースピードを速くするというのは、カメラの設定変えることでシャッター速度を変更することができます。
カメラ設定が苦手な方も多いかもしれませんが覚えると撮れる写真の幅が広がるのでぜひ挑戦してみてください。

ここではカメラに慣れていない方、カメラ初心者向けの設定をご紹介します。
カメラには数えきれないほどの設定がありますが、今回使う機能は4つ程度です。
これら設定を使うとブレが防げるだけでなく、背景をぼかした写真などが撮れるようになります。

・絞り優先モードにする
・絞り(F値)を小さい数字にする
・ISO感度を大きい数字にする

カメラによって設定方法が違うのでマニュアルや取扱説明書、またはインターネットで変更方法などを調べてみてください。

撮影モードを変えるとMやPやSなどが表示されます。

絞り優先モードは【A】【Av】と表示されます。
絞り優先モードというのはF値とも呼ばれ、そのF値を自分で決めて、シャッタースピードはカメラが決めてくれるというアームオートの設定です。

絞り優先モードにしたら次に絞り(F値)をできるだけ小さい数字に設定します。
F値はレンズによって設定できる数字が決まっています。
絞りはダイヤルを回して変更できる機種が多いようです。

F値を小さくするとシャッタースピードが速くなることに加え背景のボケが強くなります。

ここで一つ注意をしたいのがレンズによってはF1.8やF1.4までF値を下げられるものがあるということです。
F値を小さくするとピントが合う範囲がどんどん狭くなります。

猫を撮る場合F値が小さすぎると、鼻にピントが合っても目はボケていた、ということが起こります。
下げ過ぎない程度のF2.8やF4.0くらいにしておくと良いでしょう。

猫は動きますし、自分もある程度動きながら撮影することが多いので1/125秒~1/200秒くらいのシャッタースピードの速さが理想です。
最初の設定では1/80秒になっていることが多いです。
この1/80秒のシャッタースピードを上げるときに登場するのが「ISO感度」です。
シャッタースピードを速くしたい場合ISO感度の数字を大きくします。
ISO感度を200-400にあげると1/80秒から1/160秒まで早くなります。

ISO感度に関しては数字を大きくすると画質が荒くなるという欠点もありますが、最近のカメラは性能が良くISO感度を上げてもきれいな写真が撮れる機種も多くなってきているので初心者の人でも設定がやり易くなっているはずです。

絞り優先モードを使って写真の明るさを調節する

さらにF値を小さくしてISO感度を上げて、シャッタースピードを高くする、この設定で撮影した場合露出補正という機能を使って明るさを調節していきます。

人物撮影の場合、子供や女性を明るく撮り、男性の場合は暗く撮る傾向があるように、猫のかわいさをより強調したい場合は露出補正で明るくして撮るのが良いです。

露出補正をプラスにするとシャッタースピードが遅くなるので、露出補正で写真を明るくして写真がぶれてしまう場合はISO感度をさらに大きいスピードにしてさらにシャッタースピードを速くする必要があります。

写真を撮った後に写真の明るさをスマホに送信してアプリなどで調節できる方はいきなりカメラの設定をいろいろ覚えなくてもアプリを利用して明るさを調節するのも良いですし、部屋が暗くてシャッタースピードが上げられないという時はぶれないように少し暗めにとってアプリで明るくするという方法もおすすめです。

撮影時あると役立つ便利でオシャレなアイテム

撮影時、猫はなかなかしつけという概念がないのでその場でじっとさせておくのは至難の業でもあります。

撮影時にあると便利なグッズや撮影に使うと便利でオシャレなアイテムをご紹介します。

撮影時にあると便利なグッズ

猫の興味を引くためには次のようなアイテムが効果的です。

・猫じゃらし
・音の出るおもちゃ
・ビニール袋
・紙を丸めたもの

撮影の時に猫の目線の先におもちゃが来るようにして撮影をします。

撮影時にあると便利なおすすめグッズ。

撮影に使うとオシャレなアイテム

撮影時このアイテムがあるとひと味違う雰囲気の撮影ができるおすすめのアイテムです。

・椅子
・オシャレな箱(100均一に売っているラッピングBOXなど)
・可愛いラグ

一味違う雰囲気で撮影できるアイテム。

椅子はどんなもの使っても結構映えます。
自宅にあるいつも使っている椅子などに猫を乗せて撮影するだけでもオシャレに撮影可能なアイテムです。

また、お洒落な箱や可愛いラグは背景として使うのにおすすめです。
最近ではサッカーのピッチに見立てたラグやビーチラグなど背景にぴったりのラグも販売されていますのでぜひお気に入りの商品を見つけてみてください。

猫をかっこ可愛く撮るコツ3選

ここからは実際に猫をかっこかわいく撮影するためのコツを3つご紹介します。
もちろんスマホでも一眼レフでもデジタルカメラでも実践できる内容になっていますので是非チェックしてみてください。

猫の目線で撮る

猫の目線までカメラを下げると単純に猫の顔が良く見えるようになるのとその場に猫が居るような臨場感を出すことができます。
普段猫を見下ろすことが多いと思いますがそのまま撮影するとありきたりな感じになりがちです。
目線を下げていつもと違う視点で撮った写真は他の人の目にも止まりやすくなりますので猫の目線で撮るは常に頭に入れておきましょう。

猫の目線を取る場合はカメラの位置を下げて写真の中のどこに猫を入れるか決めてからレンズの少し上あたりでおもちゃを動かしたり音を鳴らすようにしましょう。
猫が付き合ってくれるならたくさん写真を撮り様々な構図の写真を撮ってみてください。

上を向かせる

猫に上を向かせると、猫の目に光が入ることで目の色が綺麗に見えたり、光源が目に移りこんだアイキャッチが入ったりと目の表情が生き生きして見えるような写真を撮ることができます。

猫の顔の丸みもわかりやすくなるのでかわいらしい写真を撮りたい方に猫を上に向かせることはおすすめの撮影方法です。

ポイントは、やはり構図を決めてからおもちゃなどで猫の気を引いて撮影することです。

シンプルな背景で猫を引き立たせる

この写真の撮り方をすれば部屋が散らかっていて写真を撮るスペースがない時や、せっかくいい写真で撮れたのに背景に何かが映り込んでしまっているという背景問題を解決できます。
余白を上手に使った撮り方をするとオシャレな写真にもなりますので自分のレパートリーを増やすことができます。

まずは、椅子と壁を使うことをおすすめします。
椅子を壁の近くに置き猫を椅子の上に誘導します。
おもちゃや音で猫の気を引いて躍動感を出し、立体感が出るように撮るのがコツです。
さらには余白を上手く使うと写真が上手に見えます。