人気の小中型犬

シェットランド・シープドッグ

シェットランド・シープドッグ

シェットランド・シープドッグ
原産国:イギリス正式名称:シェットランド・シープドッグ
別名:シェルティー
英語表記(Shetland Sheepdog)
平均体高
オス37cm
メス35.5cm
平均体重
オス9kg
メス8kg
平均寿命:12歳~13歳

シェットランド・シープドッグのルーツ

シェットランド・シープドッグは、スコットランド最北のシェットランド諸島原産の犬種です。
島の羊(シェットランド・シープ)を管理する牧羊犬として、古くからこの地で活躍してきました。

中世の時代にバイキングによって持ち込まれたスピッツ種が起源で、ボーダー・コリーなどと共通の先祖を持つとされています。

19世紀になると、イギリス海軍によって本土に運ばれ、人気となりました。その後、他の小型犬と交配を繰り返して現在の姿になり、1909年にイギリスのケネルクラブで認定を受けました。当時はシェットランド・コリーという名称で登録されていましたが、コリー種との混合を避けるために現在の名称に変更されました。

近年は牧羊犬として活躍することはほとんどなく、一般的なペットとして世界中で愛されています。

シェットランド・シープドッグの特徴

首回りの襟巻のようなフサフサの被毛が特徴的です。耳は大きく前を向いていて、先端が少し折れ曲がっているのが理想とされています。体は体高より体長のほうが少し長く、胴長な印象がありますが、筋肉が発達してお腹もすっきりと引き締まっているので、バランスの良い体型に見えます。

外見がよく似ていることから小型のコリーとして扱われることが多いですが、実際はコリーとは血統上別の犬種として登録されています。

シェットランド・シープドッグの性格

シェットランド・シープドッグは牧羊犬だったこともあり、活動的で頭も賢く、飼い主の指示に忠実に従います。友好的で小さな子供とも安全に仲良く遊べますが、その反対に警戒心も強く、知らない人間に対しては吠えたり威嚇することもあります。

落ち着いていて我慢強い性格ですが、寂しがり屋な一面も持っています。そのため、飼い主に甘えたいのになかなか甘えられないという不器用さも持ち合わせています。我慢しすぎることでストレスがたまることもあるので、飼い主側からアプローチをかけて、甘えてもいい環境を整えてあげましょう。

シェットランド・シープドッグの病気や体ケアに関すること

先天的な遺伝性疾患である「コリーアイ症候群」という目の病気にかかりやすい傾向があります。発育不良によって網膜と結膜の間の脈絡膜が形成されないことから、目に血液や酸素などの栄養がうまく送れず、網膜が剥がれたり出血を起こして、酷い場合には失明する恐れもあります。
症状が重い場合は、生後1~2ヶ月で発症します。軽度のものは一見しただけでは症状が分からないため、行動におかしなところがないか定期的にチェックすることが大切です。