猫の疑問あれこれ

猫を飼う前の準備と注意点

猫の食事

皆さんは猫を飼うと決めた時にまず何をしますか?

ペットショップに行って猫を見たり、猫のグッズの値段を調べてみたり、病院代や保険代などを調べたりしているのではないでしょうか。

ここでは、猫を飼う前に考えておきたい「心構え」や「環境づくり」についてまとめましたので参考までにご覧ください。

飼い主の心の準備

猫を1匹飼うということは家族が1人(1匹)増えるということです。

その分、今までなかった支出も増えますし、猫に費やす時間は自分の時間から削らないといけません。

また、飼育する環境の違いはあれど、周囲(家族や近所など)の協力や理解なしでは飼育することは難しい時代です。

猫と楽しく暮らしていくためにも、この先5年後10年後に変わらず飼育できる環境を維持することができるのか、今一度考えてみてはいかがでしょうか。

猫の飼育環境

猫は物音などに対して非常に敏感で怖がります。

まずは、猫が落ち着けるための2つの空間を用意できるか検討しましょう。

猫が落ち着ける空間作り その1|食事する場所と水を飲む場所を作ろう

  • 猫は人が行き来する場所を好まないため、食事する場所と水飲み場は何ヵ所か作りましょう
  • 猫は少量ずつ食べる習性があるので、それぞれのお皿に1日分を細かく分けておきましょう
  • できるだけ人通りの少なく落ち着いた場所で、安心して食事や水が飲めるようにしましょう。

猫が落ち着ける空間作り その2|いつでも隠れることのできる専用スペースを作ろう

猫は、聞きなれない物音や人にとても敏感で、恐怖や不安を感じると、狭くて暗い周囲が囲まれたような場所に逃げたくなります。

家に迎えたばかりの時は、家の中や外から聞こえる環境音や風景などにも慣れていないため、猫自身が大丈夫だと思うまで身を隠して外に出ようとしないことが多くみられます。

猫にとっては大切な空間ですので、いつでも身を隠せるスペースを確保してあげてください。

飼い主の体質を確認しよう(猫アレルギー)

猫を飼いたいと思ったら、飼い主さんは、まず猫アレルギーではないかの検査を受けてもいいかもしれません。

猫アレルギーの人が猫と遊ぶと、次のような症状が現れることが多いようです。

  • 目が充血する
  • 鼻がかゆくなる
  • 鼻水が止まらなくなる
  • くしゃみが出る
  • 手に湿疹が出る

軽度な場合もあれば、アレルギー症状が治まるのに半日以上かかる重度の場合もあります。

猫を飼いたいと思ったら、「猫カフェ」などに行って猫と触れ合ってみたり、「ペットショップ」に行って飼いたい猫を触らせてもらいアレルギー症状が出ないか様子を見るのもいいかもしれません。

実際にアレルギー症状が軽減されるという証明はありませんが、猫種によって、アレルギーが出やすい猫種と出にくい猫種がいるといわれています。

次に記載する猫種は、アレルギー症状が出にくいとされている猫種です。

  • シャム
  • サイベリアン
  • スフィンクス
  • ベンガル
  • ロシアンブルー

飼いたい猫が決まっている場合は、事前に同じ種類の猫を触ってアレルギーが出るかチェックすることをおすすめします。

猫を飼う前に用意しておきたいアイテム

あると良いおすすめアイテム

  • 爪とぎ
  • 猫のトイレ
  • キャットタワー
  • キャットハウス
  • 猫のおもちゃ
  • 猫のフード
  • 食器
  • ペットキャリー

などですが、その他にも用意しておくとより便利なアイテムをまとめましたので参考までにご覧ください。

『安心できる匂いつきおもちゃ』

購入するペットショップやブリーダーなどから、その猫が大切にしていたタオルやおもちゃなどを一緒にもらっておきましょう。

よく飼い主の足などに体をこすりつけたり、家の柱などに体を擦り付けている姿を見たことはないでしょうか?

この仕草をマーキングといいますが、自分のいる空間を、自分の匂いで満たすことによって安心しています。

自宅に迎えてすぐの時は、不安と恐怖でストレスが溜まってしまうため、少しでも落ち着けるように以前使っていたものを与えましょう。

猫が安心する匂いのするものがあると、新しい場所でも落ち着けることでしょう。

『洗濯ネット』

猫の性格にもよりますが、特に気性の荒い猫は、新しい家に来たストレスが限界に達して飼い主に飛びかかることがります。

また、先住猫がいるような環境へ来た場合は、先住猫と喧嘩をしてしまう恐れもあるため、はじめて家に来たときは、洗濯ネットに入れてから部屋の中に放すようにしましょう。

動物病院で使用する際は診察台の上で暴れないようにするためによく用いられます。

洗濯ネットは猫専用に使うものを買っておくと、動物病院などに連れていく際にも使用できるので持っておくと非常に便利です。

猫を飼う前の準備と注意点のまとめ

猫だけではありませんが、生き物を迎えるということは、今までにない支出を伴い、時間を割かれることになります。

例えば、日々の食事代、トイレ代(猫砂など)、各種グッズ代(爪とぎなど)、医療費、保険料などがかかります。

また、飼い主さんがアレルギーだった場合、アレルギーの治療薬も必要になりますし、場合によっては飼育できなくなる可能性もありますので衝動買いは禁物です。

このような心構えはもちろん大事ですが、家に迎え入れたその瞬間から家族の一員であることを忘れずに、末永く猫と楽しく暮らしていける空間を与えてあげてください。