犬の疑問あれこれ

愛⽝と⽔場(プールや川)で遊ぼう

犬の水遊び

もうすぐ夏!

愛犬も家のエアコンだけではかわいそう。

一緒にプールや川に連れていけたらいいのに。

愛犬との水遊びは犬にとっても飼い主にとっても最高のイベントです。

他の人に迷惑をかけずに愛犬とめいっぱい夏を楽しむために、愛犬との水遊びでの遊び方や注意点などをご紹介します。

犬の水遊びが初めてなら家庭用プールを利用してみよう

犬は犬かきができるので水場に連れて行ってもすぐに順応することができます。

しかし、水が苦手な犬種(スムースコート系の犬や足の短い犬)もいますので愛犬が、水が好きかどうかを見分ける必要があります。

いきなり川や湖に犬を連れて行って「さぁ一緒に泳ごう!」というのはとても危険です。

まずは、家庭用プール(子供用プール)などを用意し浅瀬で愛犬が水に対して恐怖心が無いかを確認するところから始めましょう。

水慣れが終わったあと川や湖に連れていく場合も犬用のライフジャケットを用意してあげると良いです。

川の場合はまずは流れのないところで水を慣らしていきます。

公園などに川らしいものがあればそこから始めてみるもの良いです。

湖の場合は飼い主がライフジャケットの取手部分を手に持ってあげながら犬かきで泳がせてあげると徐々に慣れていきます。

おうちで簡単に水浴びさせたり、水遊びの練習にこんなプールはいかがでしょうか?

犬かきってどんなもの?

犬には犬かきという泳法の仕方があります。

手を交互に掻きながらバタ足をすることで前進し、人間のスイミングに比べると速度は格段に遅いです。

しかし、犬は最初から上手に犬かきができるわけではありません。

泳ぐ際は必ず犬用のライフジャケットを装着するようにしましょう。

⽔場で遊ぶ時の4つの注意点

犬と水遊びをする際いくつか注意することがあります。

海や川は流れに気を付ける

犬用のプールで遊ばせるときは問題ありませんが、川や海などは流れがあり犬も犬かきをしなければ流されてしまう危険があります。

海辺や川岸など飼い主の目の届く範囲で遊泳させましょう。

犬を連れてきて良い場所か確認する

キャンプ場が併設されている川や、海水浴場などはペット禁止の場所もあります。

事前にチェックしておくと良いでしょう。

またいつもはペットOKでも繁忙期シーズンなどは不可になっているところもあるので随時チェックしておきましょう。

人の少ない時間帯を選ぶ

人の多い場所では犬も興奮してしまい他の人に飛びついてしまう危険があります。

様々なトラブルを起こさないためにも犬を連れて海や川へ行くときはなるべく人の少ない時間帯を選ぶようにしましょう。

排泄は事前に済ませておく

水遊びをしていると水を飲んでしまう犬も多いです。

お腹がゆるくなり、おしっこやウンチをしてしまうことがあるのでなるべく水遊びの前に排泄は済ませておく方が良いです。

もし、水遊び中におしっこやウンチをしてしまっても良いようにウンチ取りや、おしっこを流せる水なども用意しておくといいです。

愛⽝と⽔場(プールや川)で遊ぼうのまとめ

一般的な注意事項や水場に慣れさせるためのポイントをご紹介しましたが、まずは愛犬が水慣れするまで無理をするのはやめましょう。

目の届く範囲でゆっくりと愛犬のペースで水遊びさせるのが良いと思います。

大自然の川の中にザブーンなどと思い描いてしまうのですが、臆病な子はなかなか飛び込めなかったりするものです。

飼い主さんは、愛犬の性格にも配慮して一緒に水遊びをすることをおすすめします。

長毛種の子は、遊んだ後のことも考えて、多めのタオルを持参して遊んだ後にしっかりと乾かしてあげましょう。

また、水場まで車で移動するのであればビールシートなどを忘れずに持っていくと車の中をぬらさずに済みます。

愛犬との楽しい夏の思い出を作ってみてください。