人気の小中型犬

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー
原産国:ドイツ正式名称:ミニチュアシュナウザー
英語表記(Miniature Schnauzer)
平均体高
オス30cm~36cm
メス28cm~33cm
平均体重
オス5kg~9kg
メス4.5kg~7kg
平均寿命:13歳~16歳

ミニチュアシュナウザーのルーツ

ミニチュアシュナウザーは、ドイツ原産の犬種です。

14世紀ごろにピンシャー種を品種改良して生み出されたスタンダード・シュナウザーが起源です。

かつては農作物を食い荒らすネズミを捕まえる農場犬として活躍していました。他に牧羊犬、その後、アーフェピンシャーやプードルなど小さい犬種との交配によってシュナウザーの小型化が進み、現在のサイズになりました。

19世紀頃にアメリカで積極的に繁殖され、世界中で愛される人気の犬種となりました。

外見が似ていることから、日本やアメリカではテリア種として認識されていますが、実際はテリアの遺伝子は入っておらず、チベット原産のチベタン・マスティフの系統に属します。

ミニチュアシュナウザーの特徴

シュナウザーは、ドイツ語で「ヒゲ」という意味です。その名の通り、老紳士のようなおしゃれで立派な口髭や長い眉毛が特徴的です。

被毛はふわふわのアンダーコートと、硬くて太いワイヤーのようなトップコートのダブルコートです。トップコートはとても固くて、長くなると重みが増すため、トリミングが必須になります。

尻尾は小さくて短く、耳は少し立って折れ曲がっているものや、小さくて立ったままのものなど固体によって多様です。

ミニチュアシュナウザーの性格

明るくて元気な性格です。とても温厚で優しいですが、寂しがり屋な一面もあります。

頭がよく、主従関係を大事にするので飼い主を信頼することで実力を発揮します。

気配りが上手で、相手の感情を敏感に感じ取ることに長けているため、飼い主が怒っていたり不安がっていると、同じように怒りや不安を感じてしまいストレスになる場合があります。

繊細な面が強いので、叱るより褒めるしつけ方が効果的です。

飼い主以外の人間には警戒心を示す場合もありますが、飼い主の態度を察知して、相手への対応を臨機応変に変えることができます。

ミニチュアシュナウザーの病気や体ケア

犬種の遺伝子的に目の疾患が出やすく、白内障や結膜炎を発症する傾向が強いです。放置すると視力の低下や、失明のリスクもあります。

瞳に濁りがないか、ヤニが溜まっていないか定期的にチェックが必要です。

シュナウザーはとても敏感肌で皮膚が弱いので、被毛や体内バランスのケアをしっかりと行うことが大切です。

ブラッシングなどのお手入れも大事ですが、バランスの良い食生活を続けることで、アレルギーによる皮膚疾患を防ぐことができます。

穀物や乳製品に含まれるタンパク質によるアレルギーを起こしやすいため、餌に含まれる原材料をチェックして、体質に合ったものを選ぶと良いでしょう。