犬の疑問あれこれ

愛犬を健康診断に連れて行こう

聴診器

犬を家族に迎えたら、世話やしつけに追われて何をしていいのか混乱してしまう方も多いかと思います。

まず忘れてはいけない犬の健康診断やワクチン接種。

健康診断を受けるタイミングから狂犬病のワクチン接種、去勢や避妊手術などについてまとめましたので参考までにどうぞ。

愛犬の健康診断に行くための準備

犬を我が家に迎えたら、すぐにでも健康診断に連れて行かなくてはと考えがちですが、ここはグッと我慢が必要です。

犬を迎えて2~3日は、犬も初めてのことが連続で、心も体も落ち着きません。
飼い主さんは、犬と遊びたい気持ちを抑えて、犬が疲れてしまわないように1日に14時間~17時間は寝かせるようにしましょう。

初日はケージに入れて過ごさせるようにし、騒いでもケージから出さないことです。
出してしまうと思ったより犬は遊んでしまい、ぐったりしてしまう恐れがあります。
最初のうちは「ここは安心して過ごせる場所だ」と理解させることに努めましょう。

愛犬を連れて健康診断へ行こう

1週間ほどすると、だいぶ落ち着いてくるかと思いますので、そのタイミングで健康診断に連れて行くと良いでしょう。

この段階では、まだ免疫がないため、キャリーバックに入れるなど、他の動物と接しない配慮を忘れずに連れていきましょう。

健康診断に行く前に「ぐったり」していたり、「嘔吐」したり、「食欲がない」などの異常が見られた場合は、すぐに動物病院に連れて診てもらいましょう。

健康診断を受けるにあたり、動物病院に持ち物などを事前に問い合わせてみると良いでしょう。
愛犬の「排泄物を持ってきてください」と言われることが多いようです。

健康診断の主たる目的は「混合ワクチンの接種」で、生後6~8週間頃から打ち始めるのが基本とされているようです。

何回かに分けて打つ必要があるため、次のワクチンを受けるまでの「生活上の注意点」などは獣医師さんにしっかりと確認しておきましょう。

動物病院で確認しておきたいこと

動物病院で混合ワクチンを接種したら終わりではありません。
狂犬病ワクチンの接種や念願の散歩デビューに向けてノミやダニの予防処置が必要になります。
これからのワクチン接種などのスケジュールを動物病院で獣医さんにしっかりと確認しておきましょう。

愛犬の散歩デビューはいつから?

愛犬の散歩デビューの前に、犬を外に出すなら「のみとダニの予防」が必須です。

2回目のワクチン接種が終わると、外に出ても大丈夫になりますが、今度はのみとダニの予防が必要になります。

基本的には、月に1回程度の点滴や飲み薬を投薬する必要があるため、散歩や外で遊ばせる予定がある場合は、事前に診察日や投薬スケジュールなど不明な点を動物病院に確認しておきましょう。

狂犬病のワクチンも忘れずに接種しよう

必ず接種するワクチンとして「狂犬病ワクチン」があります。
犬は生後90日を経過したら1年に1回必ず接種して国に登録する義務があります。
狂犬病ワクチンの接種スケジュールは、犬によって違うため、登録方法など含めて動物病院でしっかりと確認しましょう。

愛犬の去勢手術と避妊手術を考えよう

生後6ヶ月頃から去勢や避妊の手術が可能な時期に入ります。

飼い主さんや周囲に与えるメリットとデメリット、去勢手術は全身麻酔のリスクが伴うなど愛犬の体への負担も考慮して手術を検討する必要があります。

気性の荒さが和らぐなどの効果も期待できるので、愛犬の現状を獣医さんと相談しながら検討するのがよろしいかと思います。

我が家のalfredは、生後6~7ヶ月の間に去勢手術をしましたが、手術前より気性が非常におとなしくなりました。

そして、体形は少しぽっちゃりしました。

その他の検査など

初めて春を迎える犬には、「フィラリア検査」というものがあります。
フィラリアにかかっていないか血液検査で確認し、5月~12月まで月に1回、フィラリアの予防薬を投薬するというものですので、診察してもらった際に詳細を確認しておきましょう。

犬のフィラリア対策
飼い主さんも知っておきたいフィラリアのこと夏になるとフィラリアの予防としてドッグフードのような形の飲み薬を動物病院から処方してもらいます。予防せずに散歩するのは非常にリスキーです。フィラリアについて皆さんはどの程度ご存じでしょうか?どういった病気でどのような症状になるのか知らない方も多いのではないでしょうか?そのフィラリアについての情報をまとめましたので参考までにご覧ください。...