人気の大型犬

ジャーマン・シェパード・ドッグ

ジャーマン・シェパード・ドッグ

ジャーマンシェパード
原産国:ドイツ正式名称:ジャーマン・シェパード・ドッグ
英語表記(German・shepherd・Dog)
平均体高
オス60cm~65cm
メス55cm~66cm
平均体重
オス30kg~40kg
メス22kg~32kg
平均寿命:9歳~13歳

ジャーマン・シェパード・ドッグのルーツや特徴

日本では警察犬として親しまれているジャーマンシェパードですが、元はドイツの牧羊犬でした。

古くから活躍していた牧羊犬の知的能力や身体能力がドイツの軍人に認められ、軍用犬としても活躍した過去があります。

第二次世界大戦ではなんと20万頭ものジャーマンシェパードが世界中で活躍していたそうです。

怖そうな外見とは裏腹に、服従心や忍耐力が高く、しっかり訓練すれば家庭犬としても飼えるため、次第に軍用犬から家庭犬、番犬や警察犬としてオールマイティな能力で活躍する場を広げてきました。

ジャーマン・シェパード・ドッグの性格

耳は立ち耳で、目つきが鋭く体も大きいため、怖いというイメージがあるかもしれませんが、性格はとても穏やかです。

活発でありながら落ち着きがあり、自分で考えて行動できる知能の高さも持っています。

家族に対しても愛情深く、責任感も強いため、緊急時にはとても頼りになるでしょう。

非の打ち所がないほど優秀です。

ジャーマン・シェパード・ドッグの被毛ケアや体のお手入れ

被毛は短毛ですが、意外にもダブルコートですから抜け毛は多いです。

2日に1回はブラッシングしてあげると良いです。

ジャーマン・シェパード・ドッグの運動や遊び、飼育環境など

室外で飼う場合、緊張してしまい精神的に不安定となりますので室内外をおすすめします。

緊張状態が続くと、知らない人に対して警戒心が強くなってしまい、攻撃性が出てしまう可能性があります。

家族といることも好む犬種でもあるため、何か役割を与えてあげると安定するでしょう。

ジャーマン・シェパード・ドッグの食事や体調管理など

なりやすい病気としては、胃の拡張および捻転によってお腹が張ってしまう「胃捻転」や、「股関節形成不全」などです。

ジャーマンシェパードは運動意欲が高いたえ、運動させないとストレスは溜まってしまいます。

成長期の運動のさせ方に気を配りましょう。