国別の犬図鑑

ドイツ原産の人気の犬種

ジャーマン・シェパード・ドッグ

ジャーマン・シェパード・ドッグ

ジャーマンシェパード
原産国:ドイツ正式名称:ジャーマン・シェパード・ドッグ
英語表記(German・shepherd・Dog)
平均体高
オス60cm~65cm
メス55cm~66cm
平均体重
オス30kg~40kg
メス22kg~32kg
平均寿命:9歳~13歳

ジャーマン・シェパード・ドッグのルーツや特徴

日本では警察犬として親しまれているジャーマンシェパードですが、元はドイツの牧羊犬でした。

古くから活躍していた牧羊犬の知的能力や身体能力がドイツの軍人に認められ、軍用犬としても活躍した過去があります。

第二次世界大戦ではなんと20万頭ものジャーマンシェパードが世界中で活躍していたそうです。

怖そうな外見とは裏腹に、服従心や忍耐力が高く、しっかり訓練すれば家庭犬としても飼えるため、次第に軍用犬から家庭犬、番犬や警察犬としてオールマイティな能力で活躍する場を広げてきました。

ジャーマン・シェパード・ドッグの性格

耳は立ち耳で、目つきが鋭く体も大きいため、怖いというイメージがあるかもしれませんが、性格はとても穏やかです。

活発でありながら落ち着きがあり、自分で考えて行動できる知能の高さも持っています。

家族に対しても愛情深く、責任感も強いため、緊急時にはとても頼りになるでしょう。

非の打ち所がないほど優秀です。

ジャーマン・シェパード・ドッグの被毛ケアや体のお手入れ

被毛は短毛ですが、意外にもダブルコートですから抜け毛は多いです。

2日に1回はブラッシングしてあげると良いです。

ジャーマン・シェパード・ドッグの運動や遊び、飼育環境など

室外で飼う場合、緊張してしまい精神的に不安定となりますので室内外をおすすめします。

緊張状態が続くと、知らない人に対して警戒心が強くなってしまい、攻撃性が出てしまう可能性があります。

家族といることも好む犬種でもあるため、何か役割を与えてあげると安定するでしょう。

ジャーマン・シェパード・ドッグの食事や体調管理など

なりやすい病気としては、胃の拡張および捻転によってお腹が張ってしまう「胃捻転」や、「股関節形成不全」などです。

ジャーマンシェパードは運動意欲が高いたえ、運動させないとストレスは溜まってしまいます。

成長期の運動のさせ方に気を配りましょう。

ドーベルマン

ドーベルマン
原産国:ドイツ正式名称:ドーベルマン
英語表記(Doberman)
平均体高
オス66cm~72cm
メス61cm~68cm
平均体重
オス40kg~45kg
メス32kg~35kg
平均寿命:10歳~13歳

ドーベルマンのルーツや特徴

ドーベルマンという名前は実は繁殖させた人の名前が由来となっています。

ドーベルマン氏は税務職員で、日頃から金銭を持ち歩いていたため、”優秀な護衛犬を”という計画の元に生まれたのがドーベルマンです。

一方で家庭犬としてもとても優秀であると評価されていました。

戦争中は軍用犬としても活躍し、戦後は家庭犬としてアメリカで毎年ランキングトップ10に入るほど人気が高まりました。

ドーベルマンの性格

性格は怖そうなイメージに反して落ち着いています。

飼い主さんや家族に対する忠誠心が強く、物覚えも良いです。

忠誠心の高さから、外に対する防衛本能が働き、侵入者と判断すると警戒心を見せるでしょう。

ドーベルマンの被毛ケアや体のお手入れ

ドーベルマンはツヤツヤの被毛を持っていますが、これは硬質の短毛です。

シングルコートですから被毛の手入れは楽です。

ですが短毛で抜けるサイクルは早いため、抜け毛が少ないわけではありませんので、ブラッシングは定期的に行いましょう。

ドーベルマンの食事や体調管理など

なりやすい病気としては、「股関節形成不全」です。

こちらは遺伝的要因が強く、3歳までに発症することが多いとされています。

酷い場合は歩行困難になることもあり、手術を必要とすることもあるため、若齢時の運動の仕方には注意が必要です。

その他になりやすい病気に、「胃捻転」というものもあります。

胃を固定している組織がねじれることで発症しますので、ドカ食いや食後の運動には注意しましょう。

ボクサー

ボクサー
原産国:ドイツ正式名称:ボクサー
英語表記(Boxer)
平均体高
オス57cm~63cm
メス53cm~60cm
平均体重
オス27kg~32kg
メス25kg~29kg
平均寿命:10歳~12歳

ボクサーのルーツや特徴

元々猟犬をしていた犬種ですが、”猟師がくるまで獲物に咬みついて離さないように”というような、普通の猟犬よりもハードで、時に命に関わる重要な役割を担っていました。

彼らは昔ブレンバイザーと呼ばれていました。

ブレンバイザーはその勇敢さや、スタミナ、服従性などが高く評価され、猟師たち自らが繁殖を重ねたと言われています。

畜産が発達していくと同時に食肉用の家畜の警護犬などとして活躍するようになり、統括してボクサーと呼ばれるようになりました。

ボクサーの性格

性格はエネルギッシュで明るいですが、行動には落ち着きがあります。

飼い主さんに対する服従心が強いため、時に頑なに命令を守ろうとしてユニークな行動を見せることもあります。

家族には愛情深いですが、見知らぬ人には警戒心を見せる傾向にあります。

ボクサーの被毛ケアや体のお手入れ

被毛は短毛のシングルコートです。

換毛期もないため、手入れには苦労しないでしょう。

暑さには極端に弱いため、特に夏は室内で温度管理をしてあげましょう。

室内飼いの方がおすすめです。

ボクサーの運動や遊び、飼育環境など

運動能力が高く、その欲求も強いため、運動は積極的に行いましょう。

ただし「胃捻転」になりやすいと言われているので、食後・飲水後の激しい運動はさせないようにしましょう。

一度に食べたり飲んだりしない工夫も必要です。

ボクサーの食事や体調管理など

ボクサーの遺伝的疾患の代表格は「拡張型心筋症」です。

あまりにも発症が多いことから、別名「ボクサー心筋症」と言われるほどです。

オスの3歳以上がかかることが多く、それ以前に発症すると重症になると言われています。

酷い場合は突然死もある怖い病気です。

ポメラニアン

寝ているポメラニアン
原産国:ドイツ、ポーランド正式名称:ポメラニアン
英語表記(Pomeranian)
平均体高
オス18cm~22cm
メス17cm~21cm
平均体重
オス1.8kg~2.5kg
メス1.5kg~2.3kg
平均寿命:12歳~16歳

ポメラニアンのルーツ

ポメラニアンは、ドイツからポーランドにかけて広がるポメラニア地方が原産の小型犬です。

16世紀頃、スピッツ(鼻先と耳が尖った犬種の総称)の一種であるサモエドの品種改良によって誕生しました。

当時は中型犬ほどの大きさでしたが、17世紀に英国のヴィクトリア女王のお眼鏡に適ったことからイギリス王室や貴族の間で人気が高まり、小型犬を好むイギリス人の趣向に合わせた品種改良が繰り返されて今の小型犬サイズになりました。

現在では国際畜犬連盟からジャーマン・スピッツの一品種として登録、分類されていて、ツヴェルク(小さい)・スピッツという名前で世界中に知られています。

ポメラニアンの特徴

ポメラニアンはアンダーコートとオーバーコートによるダブルコートの被毛が特徴的で、丸みのあるモコモコした外見が特徴的です。

被毛の色は、最初は白が主流でしたが、近年ではオレンジやブラック、クリームなど多様な色が混じった固体が増えています。

耳は尖って小さく、フォックスヘッドと呼ばれます。鼻筋は尖っていますが、他のスピッツ犬種に比べると短くて平面的な印象です。

ポメラニアンの性格

ポメラニアンの前身であるサモエドは牧羊犬やソリ犬として活躍していた犬種のため、その性格を強く受け継いでいます。

統率のとれた群れの中で実力を発揮します。人間の生活にも適応しやすく、相手が何を望んでいるのかを察する能力に長けていて、しつけが容易な犬種です。

その反面、警戒心が強く敏感な一面もあるため、小さな物音に反応して激しく吠えたり、気になるものに咬みつくこともあります。

スッピツ犬種は、甲高い鳴き声が特徴的です。ポメラニアンも例に漏れず大きな鳴き声を発します。近隣トラブルを防ぐためにも、きちんとしつけをして吠え癖をつけないことが大切です。

ポメラニアンの病気や体ケア

ポメラニアン特有の疾患はありません。小型犬のわりに頑丈な体をしていて、怪我や病気はあまりしない犬種です。

しかし、骨が細いので過度の運動により股関節や膝関節の脱臼、骨折を起こす危険があるため、注意が必要です。

被毛の量がとても多いので、定期的にブラッシングを行うことで皮膚病やノミ、ダニの寄生を予防できます。

春や秋の生え変わりの時期は大量に被毛が抜けるので、放っておくと毛玉になったり、蒸れて皮膚に疾患が現れる場合があります。

特に耳周りの被毛は手入れを怠ると、中耳炎の原因になるため注意しましょう。

ブラッシングは1週間に2回程度が効果的です。トリミングも定期的に行いましょう。

ミニチュアダックスフント

ミニチュアダックスフント
原産国:ドイツ正式名称:ミニチュアダックスフント
英語表記(Miniature Dachshund)
平均体高
オス23cm~27cm
メス21cm~24cm
平均体重
オス7kg~8kg
メス6kg~7kg
平均寿命:13歳~16歳

ミニチュアダックスフントのルーツ

ダックスフントはドイツ原産の犬種です。

12世紀ごろにスイス原産のジュラ・ハウンドと、ドイツやオーストリア原産のピンシェル種の犬を掛け合わせて生み出されたのが起源とされます。

その後、シュナウザーやスパニエルとの交配を繰り返し、様々な大きさ、毛色の種類が生み出されました。

ダックスフントの中で、生後15か月を過ぎても胸囲30~35cmのサイズのものをミニチュアダックスフントと呼びます。

ドイツ語でダックスはアナグマ、フントは犬を意味します。

アナグマやウサギ、ネズミなどを捕まえる狩猟犬として重宝されたことが名前の由来です。

フントは英語表記では「フンド」と発音されるため、ジャパンケネルクラブ(日本畜犬団体)では「ダックスフンド」と登録されています。

ミニチュアダックスフントの特徴

ミニチュアダックスの最大の特徴は、長い胴と短い足です。

狩猟犬として地面の下にあるアナグマなどの巣穴に潜り込んで獲物を獲ってくる習性を活かすために品種改良を繰り返した結果、現在の体型になりました。

長い鼻筋や垂れた大きな耳は、起源種であるハウンド犬種の特徴の名残です。

体毛の長さによって、スムースコート(短毛)、ロングコート(長毛)、ワイアーコート(硬毛)の3種類に分類されます。

ミニチュアダックスフントの性格

基本的に友好的で懐きやすく、しつけがしやすい性格です。

狩猟犬だった経緯から走り回ることが大好きで、適度な運動によってストレスを発散します。

体毛の長さによって交配されている犬種が異なるため、性格にも違いが出ます。

スムースコートは原種のダックスに近く、とても元気ですが警戒心が強く、よく吠えます。

ロングコートはスパニエルの血が多く混ざっているので、大人しく落ち着いた性格です。

ワイアーコートはテリアの血が濃いため、活発で少し頑固な性格をしています。

体毛の種類によって性格を把握して、適切なしつけを行う必要があります。

ミニチュアダックスフントの病気や体ケア

ミニチュアダックスフントは胴が長いため、背中や腰に重力がかかりやすく、椎間板ヘルニアになりやすいです。

太ってお腹に脂肪が溜まると、その重みでさらに背骨に負担がかかるため、肥満には要注意です。

また、足が短いため、一生懸命走ることで関節炎になりやすいです。

歩き方がおかしいと感じたら、足に負担がかからないように気を付けましょう。

お腹の位置が地面に近いので、散歩の際には石などで擦ってしまったり、土や泥で被毛が汚れる場合があります。

定期的にブラッシングをしてお腹の様子を確認しましょう。

夏は地上の熱を他犬種より感じやすいため、熱中症の対策が必須です。

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー
原産国:ドイツ正式名称:ミニチュアシュナウザー
英語表記(Miniature Schnauzer)
平均体高
オス30cm~36cm
メス28cm~33cm
平均体重
オス5kg~9kg
メス4.5kg~7kg
平均寿命:13歳~16歳

ミニチュアシュナウザーのルーツ

ミニチュアシュナウザーは、ドイツ原産の犬種です。

14世紀ごろにピンシャー種を品種改良して生み出されたスタンダード・シュナウザーが起源です。

かつては農作物を食い荒らすネズミを捕まえる農場犬として活躍していました。他に牧羊犬、その後、アーフェピンシャーやプードルなど小さい犬種との交配によってシュナウザーの小型化が進み、現在のサイズになりました。

19世紀頃にアメリカで積極的に繁殖され、世界中で愛される人気の犬種となりました。

外見が似ていることから、日本やアメリカではテリア種として認識されていますが、実際はテリアの遺伝子は入っておらず、チベット原産のチベタン・マスティフの系統に属します。

ミニチュアシュナウザーの特徴

シュナウザーは、ドイツ語で「ヒゲ」という意味です。その名の通り、老紳士のようなおしゃれで立派な口髭や長い眉毛が特徴的です。

被毛はふわふわのアンダーコートと、硬くて太いワイヤーのようなトップコートのダブルコートです。トップコートはとても固くて、長くなると重みが増すため、トリミングが必須になります。

尻尾は小さくて短く、耳は少し立って折れ曲がっているものや、小さくて立ったままのものなど固体によって多様です。

ミニチュアシュナウザーの性格

明るくて元気な性格です。とても温厚で優しいですが、寂しがり屋な一面もあります。

頭がよく、主従関係を大事にするので飼い主を信頼することで実力を発揮します。

気配りが上手で、相手の感情を敏感に感じ取ることに長けているため、飼い主が怒っていたり不安がっていると、同じように怒りや不安を感じてしまいストレスになる場合があります。

繊細な面が強いので、叱るより褒めるしつけ方が効果的です。

飼い主以外の人間には警戒心を示す場合もありますが、飼い主の態度を察知して、相手への対応を臨機応変に変えることができます。

ミニチュアシュナウザーの病気や体ケア

犬種の遺伝子的に目の疾患が出やすく、白内障や結膜炎を発症する傾向が強いです。放置すると視力の低下や、失明のリスクもあります。

瞳に濁りがないか、ヤニが溜まっていないか定期的にチェックが必要です。

シュナウザーはとても敏感肌で皮膚が弱いので、被毛や体内バランスのケアをしっかりと行うことが大切です。

ブラッシングなどのお手入れも大事ですが、バランスの良い食生活を続けることで、アレルギーによる皮膚疾患を防ぐことができます。

穀物や乳製品に含まれるタンパク質によるアレルギーを起こしやすいため、餌に含まれる原材料をチェックして、体質に合ったものを選ぶと良いでしょう。