インスタグラムはじめました。こちらから

ジャーマン・シェパード・ドッグの性格や特徴、ルーツ、注意したい病気などを網羅

  • URLをコピーしました!
目次

ジャーマン・シェパード・ドッグの基本情報

原産国正式名称
(英語表記)
ドイツジャーマン・シェパード・ドッグ
(German shepherd dog)
平均体高平均体重平均寿命
オス:60~65cm
メス:55~60cm
オス:30~40kg
メス:22~32kg
9~13歳

ジャーマン・シェパード・ドッグのルーツ

日本では警察犬として親しまれている犬種ですが、元はドイツの牧羊犬でした。

この古くから活躍していた牧羊犬の知的能力や、身体能力がドイツの軍人に買われ、軍用犬として活躍した過去があります。

第二次世界大戦ではなんと20万頭世界中で活躍していたようです。

怖そうな外見とは裏腹に、服従心や忍耐力が高く、ちゃんと訓練すれば家庭犬としても飼える為、次第に軍用犬から家庭犬や、番犬、警察犬と転職していった過去を持ちます。

現在ではそのオールマイティーな能力で、上記以外にも様々な場面で活躍しています。

ジャーマン・シェパード・ドッグの特徴

被毛は短毛ですが、意外にもダブルコートですから抜け毛は多いでしょう。

2日に1回はブラッシングしてあげると良いです。

耳は立ち耳で、目つきが鋭く身体も大きい為、怖いというイメージに繋がっているのかもしれませんが、性格は上記の通り穏やかです。

ジャーマン・シェパード・ドッグの性格

性格は非の打ち所がないほど優秀です。

活発でありながら落ち着きがあり、自分で考えて行動できる知能の高さも持っています。

家族に対しても愛情深く、責任感も強い為、緊急時にはとても頼りになるでしょう。

ただし室外で飼ってしまうと、緊張状態になってしまい精神的に安定しなくなり、特に知らない人に対して警戒心が強くなり、攻撃性が出てしまう可能性があります。

役割を与えると安定し、家族といることも好む犬種でもある為、室内飼いをオススメします。

ジャーマン・シェパード・ドッグの病気やケア

なりやすい病気としては、胃の拡張および捻転によってお腹が張ってしまう「胃捻転」や、「股関節形成不全」などです。

ジャーマンシェパードは運動意欲が高い為、運動させないとストレスは溜まりますが、成長期には運動のさせ方に気を配りましょう。

ジャーマン・シェパード・ドッグ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次