MENU
インスタグラムはじめました。 こちらから

犬を飼いたい時はどうやって探せばいい?

看板犬
  • URLをコピーしました!

犬を飼いたい!と思い立った時、皆さんはどのような手段で犬を探すのでしょうか。

これから犬を探される方へ、犬との出会い方や出会った際の注意点などについてまとめてみました。

目次

ペットショップに犬を探しに行こう

犬を探すとなった時に真っ先に思い浮かぶのはペットショップではないでしょうか。

ペットショップの良いところは、集合施設内や路面店など買い物のついでに気軽に立ち寄れて、たくさんの子犬を一度に見られる点ではないでしょうか。

時間を忘れて楽しんでいる方を多く見受けます。

中には、通りすがりにたまたま目に入った犬に一目惚れで衝動買いしてしまったという方も多く耳にします。

たとえ衝動に駆られても、その命に最後まで責任をもって育てるということを忘れてはなりません。

最近のペットショップでは、小型犬と中型犬しかいないお店も多くあり、大型犬と出会えないことが頻繁にあります。

昨今の住宅事情や飼い主の高齢化などで、大型犬は飼いたくても飼えないなどが理由で小型犬にシフトしているのかもしれません。

もし大型犬をペットショップで探すときは、事前に希望犬種の子犬がいるかホームページで確認したり近隣店舗に電話で問い合わせるのがおすすめです。

全国展開しているペットショップでは、遠方にいる犬を近隣店舗に移動して購入前に確認することができるサービスなどもありますので、上手に利用してみてはいかがでしょうか。

犬の店舗間移動サービスには諸条件がある場合が多いので必ず店舗に詳細を確認しましょう。

ブリーダーに犬を探しに行こう

ブリーダーの場合はペットショップでは見れない親犬や兄弟の姿が確認できるなど、その子の育った環境が見えやすいという点がおすすめです。

またブリーダーにはその犬種のスペシャリストも多いため、初めて飼う犬種でもあらかじめ十分な説明を聞いて納得して家族に迎えることができます。

飼った後でも相談できるブリーダーも多いので安心です。

ただブリーダーの中には、商売目的のために劣悪な環境下で飼育する悪徳ブリーダーも存在しますので注意が必要です。

ブリーダーの見極めが心配な方は、犬に詳しい知り合いに相談するなどして、1人で検討することは避けた方が無難かもしれません。

ブリーダーは、動物取扱業者登録番号動物取扱業標識動物取扱業者登録証などの所有・掲示が義務付けられていますので、違法性の有無は各人でも調べることができます。

さらに、生後49日以降でないと子犬は販売してはいけないという規制があるため、一般的な常識を欠くブリーダーは避けた方がよいでしょう。

子犬にとって生後間もない期間は社会性を身につけるための大事な時間です。

その大切な時期や時間をないがしろにするのはもってのほかです。

里親募集から犬を探してみよう

犬の里親探し

里親募集から探す良い点は、犬を家族に迎えられると共にその犬の命も救えるという点です。

無料で迎えることができるという面においては経済的にも大きいと思います。

里親として犬を迎えるためには、所定の審査をパスする必要があり誰でも簡単に迎えられるわけではありません。

里親募集しているグループや団体によって所定の審査がありますので、事前に電話やホームページなどでルールを確認してから伺いましょう。

まとめ

日本では簡単にペットの命を買って捨てることも出来てしまうため、ペットに対する認識が甘いと言われています。

ペットショップの店員さんは犬を売ることを目的にしているため、店頭ではセールストークを耳にする場面が多く見受けられます。

例えば毎日の散歩量のことで悩んでいたとすると「この子は室内で少し遊べば、散歩はほとんどいらないですよ」と言われたり、普段仕事で昼間いないと告げると「日中仕事に出ている時もおとなしくお留守番できる子です」などと悩みや問題を払拭できるような言葉を耳にします。

事実を捻じ曲げた嘘ではありませんが、全てが正しいとは到底思えません。

子犬は成犬よりもはるかに手が掛かりますし、大中型犬に関して言えば室内で運動量が足りるということもほとんどないでしょう。

言い方の問題かもしれませんが、飼ってみて全然違ったなどとならないように、飼う側にも多少の知識は備えておく必要があると思います。

ペットショップで働くスタッフに資格は必要ないため、充分な知識がないスタッフがいるということも忘れてはなりません。質問に対してあいまいではなく、真摯に答えてくれる店員さんを見つけて購入するのが良いでしょう。

看板犬

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

AlfredPAPAのアバター AlfredPAPA わん育・にゃん育 管理人

愛犬のゴールデンレトリバーに心酔する親バカです。
皆さんが愛犬や愛猫と楽しい生活に浸っていただけるような情報をご提供できればと思っています。
しつけや成長をサポートするおすすめアイテムなどもご紹介します。

目次
閉じる