犬の疑問あれこれ

愛犬の探し方と出会い方

店番をする犬

飼いたい犬を探すための3つの場所

犬を飼いたい!と思い立った時、皆さんはどんな手段で出会うことを考えるのでしょうか。

ペットショップやブリーダーなど、愛犬との出会い方は様々です。

購入したり譲り受ける際は、それぞれメリットやデメリット、ルールなどがありますので参考までにご覧いただければと思います。

ペットショップで犬を探す

まず思い浮かぶのはペットショップではないでしょうか。

ペットショップの良いところは、集合施設内や路面店など、買い物のついでに気軽に立ち寄れて雰囲気も柔らかく、たくさんの子犬を一度に見られる点ではないでしょうか。

中には通りすがりにたまたま目に入り、一目惚れで衝動買いしてしまったという方をたくさん耳にします。

たとえ衝動に駆られてもその命に最後まで責任をもって育てるということを忘れてはなりません。

最近のペットショップでは、小型犬と中型犬しかいないお店も多いため、大型犬を探している方には出会いは難しいかもしれません。

大型犬や希少犬種などは、ホームページや電話で事前に希望の犬種がいるのか調べてから行く方が効率的です。

全国展開しているペットショップでは、他店舗にいる犬を呼び寄せることもできるようです。

ブリーダーで犬を探す

ブリーダーの場合は、ペットショップでは見れない親犬の姿が見れたり、兄弟なども確認できたりと、その子の育った環境が見えやすいという点が良いといえます。

例えば、ゴールデンレトリーバーだったらゴールデンレトリーバーだけを繁殖させているブリーダーさんもいるなど、その犬種のスペシャリストも多いため、飼った後にもいろいろと相談に乗ってくれるブリーダーも多いため、初めて飼う方には安心です。

ブリーダーの中には商売目的のため、劣悪な環境下で飼育するなどの悪徳ブリーダーも存在しますので注意が必要です。

心配な方は、犬に詳しい知り合いに相談するなどして、1人で検討することは避けた方がいいかもしれません。

また、ブリーダーは、下記の資格や免許などを所有・掲示が義務付けられていますので、違法性の有無くらいは各人で調べた方が良いかもしれません。

確認したい資格
  1. 動物取扱業者登録番号
  2. 動物取扱業標識
  3. 動物取扱業者登録証

生後49日以降でないと子犬は販売してはいけない規制があるため、一般的な常識を欠くようなブリーダーさんは避けた方がいいでしょう。

生後間もない時間は、子犬にとって社会性を身に着けるための大事な時間です。

それをないがしろにするのはもってのほかです。

里親募集から犬を探す

里親の良いところは、犬を迎えられると共にその子の命も救えるという点です。

また、無料で迎えることができるという点は経済的にも大きいと思います。

里親として犬を迎えるには、所定の審査をパスする必要がありますので、誰でも簡単に迎えられるわけではありません。

里親募集しているグループや団体によってルールもありますの、事前に電話やホームページなどで確認してから伺う方がいいでしょう。

里親を募集しいてるグループや団体によってルールがあると思いますので、事前に確認してから伺うのが良いでしょう。

犬を出会うにはどうすればいい?のまとめ

他にも、犬と出会う方法はいくつかあると思いますが、いずれにせよ、出会う前には少し準備をしていった方がよいでしょう。

家に迎えてから、「こんなはずじゃなかった」とならないように、良いお店や良いスタッフを見つけましょう。

店員のセリフには要注意?

日本では、簡単にペットの命を買って捨てることも出来てしまうため、海外からはペットに対する認識が甘いと言われています。

ペットショップで働く際にも資格は必要ないため、充分な知識がない店員さんがいるということを忘れてはなりません。

店員さんは、犬を売ることを目的にしているため、セールストークを耳にする場面が少なくありません。

例えば、普段の散歩などで悩んでいると「この子は室内で少し遊べば、散歩はほとんどいらないですよ」や、普段仕事で昼間いないと悩んでいると「日中仕事にいっている時もおとなしくお留守番できる子です。おとなしくお留守番できる子です」などの悩みや問題を払拭する言葉を耳にします。

事実を捻じ曲げた嘘ではないと思いますが、全てが正しいとは到底思えません。

子犬は成犬よりもはるかに手が掛かりますし、大中型犬に関していえば、室内で運動量が足りるということもほとんどないでしょう。

言い方の問題かもしれませんが、飼ってみて全然違ったなどとならないように多少の知識は備えておく必要があると思います。

質問にあいまいではなく、真摯に答えてくれる店員さんを見つけて購入するのが良いのではないでしょうか。