犬の疑問あれこれ

愛犬と一緒にドライブしよう

車から身を乗り出す犬

愛犬とのドライブにおさえておきたい2つのポイント

皆さんは「行楽日和に車で愛犬とどこかにドライブに行きたいな!」と思ったことはありませんか?

犬を飼っている方なら、誰もが一度は思うことではないでしょうか。

ですが、「犬は車酔いをするのか?」「ケージに入れた方がいいのか?」など不安や疑問をお持ちの方に、ドライブする際の注意点や持って行くと便利なアイテムの2つのポイントを紹介したいと思います。

犬とのドライブに抑えておきたいポイント その1|ドライブする際の注意点

いざドライブしたいと思っても乗せたことがない方、乗せてみたけど犬の様子がおかしくなってしまったという経験をお持ちの方は不安で仕方ないかと思います。

犬とドライブに行く際の注意点を一つ一つ見ていきましょう。

犬は車酔いするの?

ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、実は犬も車酔いします。

基本的な対処法は人間と一緒です。

車酔いさせないコツ
  1. お腹が空いている時や満腹の時には乗せないこと。
  2. 犬をしっかりと固定してあげること。

そのまま犬を固定せずに乗せると、カーブや急ブレーキ時にシートから転げ落ちる危険もあります。

また、膝の上に犬を乗せて車を運転することは禁止されている行為です。

助手席に乗せるのも注意散漫になるためオススメできません。

ベストポジションは後部座席です。

後部座席に付添人がいるとさらに犬は安心できると思います。

安全運転は、車酔いとケガ防止につながります

犬自体の対策も必要ですが、飼い主さんの運転にも対策が必要です。

まずは愛犬を乗せているという意識を持って運転しましょう。

ピリピリして運転していると、犬にもピリピリ感が伝わってしまいます。

できるだけリラックスして楽しく安全運転しましょう。

休憩はこまめに取ろう

犬にとって慣れていないドライブはとても緊張するもの。

休憩できる場所があれば、こまめに水飲み休憩やトイレ休憩を取りましょう。

夏場の休憩所の地面に注意が必要です。

アスファルトが熱くなり、肉球を火傷してしまうことがありますので、車から降りる際は、靴などを履かせると良いでしょう。

アスファルトをできるだけ避け、芝生の上を歩いていけるようなところに車を停めるのを心がけましょう。

犬とのドライブに抑えておきたいポイント その2|ドライブに持っていきたいアイテム

愛犬とドライブするイメージが少しは湧いてきましたでしょうか?

次は、ドライブ時にあると便利なアイテムをいくつか紹介したいと思います。

リードと迷子札

中には普段大人しくても、見知らぬ土地にきて興奮してしまい、他の犬を見つけて走り出してしまう犬もいます。

休憩時に車から逃げ出してしまうなど、急な悪神殿とに備え、リードや迷子札を付けている状態で乗り降りした方が良いでしょう。

携帯用トイレやトイレシート

緊張状態で突然粗相をしてしまうこともありますので、携帯用トイレは必ず持参しましょう。

事前に携帯用トイレに慣れさせておくことも必要です。

トイレシートなどの予備も多めに持ち、それに付随する消臭スプレーやマナー袋などの道具も必要でしょう。

セーフティーハーネスなど

車と犬を固定するときに、車とリードをシートに直接つないでしまうと体重移動の際に犬の首に大きな負担がかかります。

セーフティーハーネスなどを着用させることで、一ヶ所に負担が集中することなく、安心してドライブに出かけることができます。

運転中に飼い主さんのもと(運転席や助手席)に来ようと暴れる犬もいますので、その際は、運転席と助手席の後ろを覆う網(ペットガードやセーフティーネットなどと呼ばれるアイテム)などを取り付けると安全です。

携帯用の水

水筒タイプのものを用意しておくことで、車の揺れで転げまわってもこぼれる心配もなく、場所を問わず水を飲むことができます。

サービスエリアなどが見つからなかった時を想定して水は必ず持参しましょう。

犬とドライブに出かけようのまとめ

車で病院などに連れていかれた時など、ドライブデビューよりも前に怖い思いをしたことがあると、車に恐怖心をもってしまうことがあります。

一つずつ不安を取り除けば、車の中は安全だと理解し、ドライブは楽しいものだと思ってくれるでしょう。

普段からドライブ慣れしておくと、災害時や緊急時にも難なく車に乗ってくれるようにもなり安心です。

犬がドライブを嫌いにならない心がけを

どんなに気を使って対策を講じても車酔いしてしまう子はいます。

もし嘔吐などをしても叱らずに、なるべく平常心を保って接しましょう。

車に乗ることを拒否してしまうような悪印象は持たせず、ドライブは楽しいと思わせてください。

防水になっているマットなどを敷いておけば掃除も楽ですし、ペットの身体的負担も軽減できるためオススメです。

あまりに車酔いをしてしまうようであれば、獣医師さんに相談してみても良いでしょう。

犬猫用の酔い止め薬もあります。

愛犬に負担がないようにしてあげる対応が何より大切です。

車内の温度や湿度に配慮しよう

犬は後部座席に乗せるように話しましたが、運転席と後部座席ではエアコンの効き方に差が出るので注意しましょう。

ケージに入れて後部座席に乗せる時には、空気がこもるため特に注意が必要となります。

体温調節が苦手な犬にとって、夏場は熱中症の危険が出てきます。

悪い車内環境は、車に対する嫌悪感につながりますので、空気の換気を忘れないようにしましょう。

時間をかけてゆっくりと車に慣れさせよう

車に慣れさせよう
  1. まずはその空間(車内)にいるだけにしてみましょう。
  2. 落ち着いてきたなと思ったらエンジンをかけてみましょう。
  3. エンジン音に慣れてきたらステレオなどをつけてみましょう。急に大きな音を出すと犬がびっくりしてしまうので、ボリューム調整を忘れずに。

最初は車の中にいるだけでも緊張してしまうものです。

決して無理をせず、愛犬のペースに合わせて徐々に慣れさせてください。