犬の疑問あれこれ

犬の肥満の理由とダイエット方法3選

犬のダイエットで最も大切なのは「適度な運動」と「食事管理」です。
犬にはボディコンディションスコアという体型の指標を示す表が存在します。
犬が肥満であるかをチェックする際に用いられ、肋骨やウエストのくびれなどを見て判断します。
この記事では肥満になる原因から肥満対策やダイエット方法までをお伝えしていきます。

犬が肥満になるのはなぜ?

愛犬が太ってしまうのは、食事などから取り入れるエネルギーが消費されるエネルギーより少ないことが一番に考えられます。

日々の運動不足や高カロリーな食べ物(または人間の食べ物)の与えすぎ、おやつの過剰摂取、ドッグフードの適正量を超えた給餌といったことが原因です。

他にも、避妊や去勢の手術を行ったことによるホルモンバランスの影響を受けることでドッグフードの適正量を守っていても太っていく場合もあります。

肥満になりやすい犬種や肥満になりやすい体質なども関係してくるので、一度、愛犬の情報や個体について考えてみるもの良いと思います。

肥満が原因で起こる病気や症状は3つ。体への影響は?

肥満が原因で起こる病気や症状は多いもので3つ。

  1. 副腎皮質機能亢進症
  2. 甲状腺機能低下症
  3. シュウ酸カルシウム尿路結石

それぞれの病気や症状を詳しく見ていきましょう。

副腎脂質機能亢進症

副腎脂質機能亢進症はクッシング症候群とも呼ばれることがあり、免疫力が低下するので、皮膚炎や膀胱炎などにかかりやすくなります。
いつもより水をよく飲むようになったり、呼吸が平常時でも早くなる様子が見られたら注意です。
他にも脱毛や皮膚が黒ずんでいるような症状が出ることもあります。
糖尿病も併発することがありますので治療が遅くなると命にかかわる可能性もでてきます。

甲状腺機能低下症

免疫機能の異常によって自身の免疫システムが甲状腺を破壊してしまうことで起こる病気です。
甲状腺のホルモン分泌が少なくなるので肥満以外の症状に元気が無くなったり、脱毛や寒がる様子などが見られます。
この甲状腺機能低下症は副腎脂質機能亢進症の影響で引き起こされる場合もあります。

シュウ酸カルシウム尿路結石

尿に含まれている、リンやカルシウムなどのミネラル成分が酸性に傾き結晶化することでシュウ酸カルシウム結石になります。
おしっこをするときに痛がる様子や、何度もトイレを催す行動が見られます。

2つの肥満対策

肥満対策は大きく分けて2つの方法に絞ることができます。

  1. 消費カロリーを増やす
  2. 接取カロリーを減らす

それぞれの肥満対策を詳しく見ていきましょう。

消費カロリーを増やす

消費カロリーを増やすにはとにかく運動することが大切です。
小型犬、中型犬、大型犬など犬の種類によっても一日に必要な運動量は違います。
下記の表を参考にしてください。

犬の平均運動時間
出典:https://www.koinuno-heya.com/sanpo/walk.html(子犬のへや)

きっちり食事の時間を決めてしまうことで犬の体内時計が完璧にできあがってしまい、いつもの食事の時間が近付くと、食べたい!と鳴く癖がついてしまう恐れがありますので注意しましょう。

よく小型犬は室内でも飼えるし散歩は頻繁には必要ないと思っていらっしゃる方がいますが、それは間違いです。
家の中での運動は外での運動量よりもはるかに少ないため可能な限り毎日散歩に出ることが必要です。
特に中型犬や大型犬は毎日の散歩が必須になります。
最低でも1日2回、1回1時間程度の散歩を行うようにしてください。

すべての犬種にも言えることですが、ドッグランを有効活用するのも非常に良い手段で、ドッグランに他の犬がいた場合、犬同士で走り合ったり、じゃれ合ったりすることで相当なスタミナの消費が期待できます。
毎日リードにつないで散歩することにプラスしてドッグランで気のすむまで走らせてあげる機会を設けてあげることで消費カロリーは格段に増えます。

ドッグランでほかの犬と遊ばない場合は、おもちゃなどを用意して飼い主さんが一緒に遊んであげても良いです。

しかし関節に疾患を患っている犬に関しては散歩やドッグランでの運動は危険ですので注意しましょう。
その場合は、犬専用のプールを利用したり、自宅で子供用のプールなどを使い水泳や水遊びで運動させることも有効です。

消費カロリーを増やすためには運動が一番ですが愛犬の体調などをよく見ながら適度に運動させると良いでしょう。

接取カロリーを減らす

おやつを与えすぎていませんか?
ドッグフードの量は適正量ですか?

おやつを与えすぎていたり、ドッグフードの量が適正量でない場合、犬はどんどん太ってしまいます。
しつけやコミュニケーションなどでおやつを与える機会があると思いますが、一日に与えて良い量をしっかりと把握している飼い主さんは意外と少ないようです。
だからこそ、しっかりと一日の給与量を把握して必要以上のカロリーを接取させない工夫が必要になります。

まず、おやつですがどうしても与えなくてはいけない場合は、「低カロリー」のものを与えましょう。
市販でもカロリーカットのおやつはたくさん販売されています。
極端ではありますが、犬はドッグフード(総合栄養食)と水さえあれば健康的に生きていくことが可能で、おやつは贅沢品にあたります。
与える場合は家族と相談して毎日与えても良い分をジップロックなどに分けて入れておき、「その袋の中に入っているおやつ以外は与えない」など徹底した管理を行うようにしましょう。

飼い主でも簡単にできるダイエット方3選

飼い主が愛犬にしてあげられるダイエット方法は様々です。
そのなかでも取り組みやすく続けやすいダイエット方法を3つご紹介します。

  1. 食事制限(おやつも低カロリーなものを与える)
  2. ドッグランなど自由に犬が走れる場所に連れていく
  3. 家の中や屋外での放し飼い

それぞれのはダイエット法を詳しく見ていきましょう。

食事制限

食事制限は、飼い主が行ってあげないと愛犬は太るばかりです。

食事制限といっても、人間のようにカロリーを考えて、サラダを増やして低タンパク質などを中心とした食事に・・・といった徹底的な食事制限は必要なく、ドッグフードの量を気持ち減らしてあげるれば大丈夫です。
食事の減らし過ぎも禁物ですので、毎食150g与えている子の場合は140gにするなど、標準体重やボディコンディションスコアが標準になる程度まで減量した食事を与えるようにすると良いです。

ずっと減らしたままの生活も良くありませんので体重が戻ってきたころには適正量に戻すことも必要です。

またおやつなどを頻繁に与えている場合は低カロリーなおやつに切り替えましょう。
おやつを使ってしつけをしたりすることも多いため、なかなかおやつを制限することは厳しいかと思いますので、市販でも販売されている低カロリータイプに変更しましょう。

ドッグランなど自由に犬が走れる場所に連れていく

先ほどもドッグランについては触れておりますが、ドッグランは犬が広い敷地で好きなように思いっきり走れるような施設で、最近では無料のドッグランに加え、様々なアジリティが用意されており空調も整備されている有料の施設などもあります。

屋外が苦手な子や、他の犬となかなか馴染めない子などにも収容制限がされていたりと屋内の施設は最適で、天候も気にしなくてよい事から近年人気があります。

毎日の散歩ではどうしてもリードや人の体力に限界があるため、思いっきり走らせてあげることができませんが、ドッグランなど犬が自由に走り回れる施設であれば減量も期待できます。

家の中や屋外での放し飼い

マンションや集合住宅など縛りがある家庭もありますので一例としてですが、ケージの中にいるより家の中や屋外など普段の日常生活の中でも歩き回れるスペースがあることは犬の健康維持にとっても重要な役割を果たします。

ケージの中にいることでストレスが溜まり必要以上に給水ボトルから水を飲んでしまい頻尿になってしまったり、水太りになってしまう可能性もあります。
そういった問題行動からくる肥満を防ぐためにも可能な限り日常生活でも自由に歩き回れる空間を確保するのも大切です。