犬の疑問あれこれ

犬の運動量や住環境について考えよう

窓際で眠る犬

犬の運動量と散歩の頻度はどのくらい?

皆さんの家に迎えようとしている犬の散歩量や運動量はどの程度必要かご存じでしょうか?

自分の生活と照らし合わせて、犬の散歩量や運動量が足りるのか、足りなかった分はどうやって補うのか知っておいた方が良いと思います。

愛犬にストレスを抱えさせないためにも、毎日欠かさず散歩に連れ出してあげたいところです。

一般的に必要とされる犬の運動量

一般的な目安ですが、散歩量と頻度にして「1日2回」の散歩で「1回あたりは30分~60分」が適当とされています。

犬の大きさ別に、一般的な基準をベースとして必要とされる散歩量や散歩の頻度、運動量についてまとめてみました。

犬種ごとの特徴を照らし合わせて、体に負担の無いように散歩を楽しんでください。

小型犬の一般的な運動量

小型犬は体の大きさから、室内の運動でも十分ともいわれていますが、ストレスの解消やほかの犬との交流、社会性を身につけるためにも、外に連れ出すことも大切です。

長距離、長時間の散歩を得意としない犬もいますので、愛犬の体力に注意しながら時間や距離を調整した散歩を心がけましょう。

中型県の一般的な運動量

中型犬は犬種によって必要とする運動量にばらつきがあります。

ドッグランなどの自由に走り回れる施設に連れていくことでストレスを発散できる犬もいれば、普通に散歩するだけで満足する犬もいますので、愛犬に適した距離と時間、運動量で効果的なストレス発散をしましょう。

大型犬の一般的な運動量

大型犬はパワフルに走り回るというイメージがあるかもしれませんが、基本的に散歩はゆっくりと長い時間をかけて歩くという感覚の方が良いでしょう。

体が大きくなる段階で、形成不全を起こしやすいといわれているため、成犬になる前は関節に負担をかけない散歩と運動を心がけましょう。

また、力が強い大型犬と楽しく散歩するために、子犬の頃から引っ張り癖がつかないようにしつけることが大事になります。

アイコンタクトや待てなど、いざという時に落ち着かせることができるようにしておかなければなりません。

犬の理想的な住環境を考えよう

犬を飼うにあたり、住環境について考えたことはないでしょうか?

賃貸でも飼うことができるのか? 一軒家の方が飼うには適しているのか?

先住犬や猫がいても大丈夫なのか? 小さな赤ちゃんがいるけど平気か?

みなさんの住環境に照らし合わせて参考にしていただければと思います。

犬の理想的な住環境は一軒家?賃貸?

大型犬ともなれば「鳴き声」や「足音」など、小型犬よりも住環境について悩んでしまいます。

賃貸であれば、床や壁の傷なども気にしなくてはならないため、フローリングをめくってしまったり、壁に穴をあけてしまうような大型犬の飼育は特に難しいかもしれません。

一方で、散歩や運動を多く必要としない小型犬であれば、鳴き声や足音対策などをすることで、賃貸でもご近所トラブル無く生活することも難しくないのではないでしょうか。

昨今では、賃貸住宅でも大型犬と一緒に暮らせるといったケースも見受けられるようになりましたが、それでも「吠え癖」や「飛びつき癖」などのしつけやマナーは、トラブルを回避するためにもしっかりと覚えさせる必要があります。

飼い主に飛びつく犬
犬のしつけ方 飛びつき癖をなおそう散歩中に他の犬に飛びついたり、飼い主さんに飛びつくような経験はないでしょうか?不用意なトラブルを回避するためにも飛びつき癖は早めになおすことをおすすめします。飛びつきの原因は相手の犬を見下していたり、本能的なものであったり、うれしさから興奮冷めやらぬ状態であったりと色々ですが、愛犬の健康を守るためにもなおしましょう。...
犬の無駄吠え
犬のしつけ方 無駄吠えをやめさせよう犬の吠える声は近所迷惑などのトラブルに発展することも少なくありません。そもそも犬は吠える生き物ですから、吠える理由がわからない場面が多々あるのも事実ですが、恐怖から吠えたり、ストレスから吠えたり、要求するために吠えるなど、飼い主さんのしつけで軽減できる無駄吠えもありますので、あきらめずにしつけにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?...

体の大きさに関わらず、思いっきり運動できる庭がある一軒家などで飼うことが犬には理想的なのかもしれませんが、経済的な事情や仕事の関係などで一軒家には住めないという方も多いかと思います。

飼育する住環境に適した犬種を選ぶという選択も必要だと思います。

室内飼いと室外飼いではどっちがいいの?

少し前までは、大型犬は室外で飼うものだと考えられていましたが、昔とは気候も違い、異常気象が多く、室外は犬にとって非常に過酷な環境です。

もともと高温多湿な日本を苦手に感じる犬も多いため、体調管理の観点からは室内飼いが理想なのかもしれません。

室内飼いにするとしても、季節に応じたできるだけ空調に頼らない、最適な居住空間を飼い主さんが作ってあげることを忘れてはいけません。

家族構成から犬の飼育を考える

赤ちゃんと眠る犬

犬を迎える家庭環境は様々です。

一人暮らしであったり、大家族であったり、ほかの動物がすでに飼育されていたりします。

どんな環境でも犬は順応するものなのでしょうか?

赤ちゃんや高齢者がいても大丈夫?

犬を迎える家庭に赤ちゃんや高齢者がいる場合、しつけをしっかりすることで愛情深く、節度を持って接してくれますので大丈夫です。

温厚な性格の犬であれば、家族構成で悩むことも少なそうです。

先住犬や猫がいても大丈夫?

犬は、基本的に群れで生活することを好みますが、先住犬に関しては、多岐にわたって注意が必要になるケースがあります。

新しく迎える子は問題なく馴染むことが多いのですが、性格や年齢、体格の違いなどから、先住犬が新しく迎える子を受け入れられないことが多くあります。

そのため、何よりも先住犬の尊重を最優先とし、先住犬に合わせた子犬選び、子犬との引き合わせ方などを考える必要があります。

いきなり連れてきて、先住犬の縄張りに放り込むようなことはせず、時間をかけて慎重に距離を縮めて馴染ませましょう。