犬の疑問あれこれ

飼い主さんも知っておきたいフィラリアのこと

犬のフィラリア対策

夏になると飼い主はフィラリアの予防としてドッグフードのような形の飲み薬を貰います。
毎年のことですが、フィラリアについて薬を飲まないとどういった病気になるのか知らない方も多いのではないでしょうか?
今回はそのフィラリアについて初心者でもわかりやすくご説明していきます。

フィラリアの基礎知識|フィラリアって何?

フィラリアは寄生虫です。
夏の蚊や害虫が犬から犬へと媒介することによって犬の体内に寄生します。
犬の体内では幼虫として蚊に刺された傷口から侵入し、100日かけて犬の皮下から筋肉を通り、血液や心臓へと糸状の成虫となって移動し、寄生します。

フィラリアの基礎知識|フィラリアの見つけ方

フィラリアになってしまったかな?と思った場合はすぐに動物病院に連れていきましょう。
一般的にフィラリアは血液検査をして判別します。

フィラリアの基礎知識|フィラリアに罹るとどうなるの?

犬がフィラリアにかかると、血尿や咳、息切れなどがみられます。
すでに、血尿や、呼吸を苦しそうにしている場合はフィラリアの成虫化が進み重篤化している恐れがあります。
最終的にフィラリアが重篤化すると、心臓の弁にフィラリアの糸が絡まり死に至るケースもあります。
フィラリアに罹ってしまうのを防ぐためにワクチンを接種することや、飲み薬を常用することが大切です。

ワクチンの重要性

フィラリアはもらう薬を適正に投与することで100%防ぐことができる病気です。
ワクチンの種類には、

  • 注射タイプ
  • 飲み薬タイプ
  • スポットタイプ

の3種類があります。
それぞれを詳しく見ていきましょう。

注射タイプ

注射タイプは年に1回のみの接種です。
1回で1年間フィラリアの予防効果があります。
毎月決まった日に与えるタイプの飲み薬やスポットタイプと違い1回で済むのでうっかり忘れてしまったということもありません。

飲み薬タイプ

飲み薬タイプは7か月間毎月与える必要のある薬です。
チュアブルというお肉型のドッグフードのような形状のものや、錠剤タイプの大きく分けて2種類の飲み薬があります。
動物病院によって処方しているタイプが違いますので一度かかりつけの動物病院に確認してみてください。
ほとんどの病院の場合では狂犬病の注射を打った時に同時に処方されます。
値段は注射タイプとさほど変わりありません。

スポットタイプ

スポットタイプを最初から進めてくる獣医師はあまりいませんが、飼い主の希望でスポットタイプを選択することも可能です。
値段は注射タイプと飲み薬タイプの倍近くのお値段がしますが、同時にノミ、ダニの予防ができるものを渡されることが多いので一緒に予防したい方には手間にならず便利です。

フィラリアにかからないために気をつけること

一番は蚊に刺されないことが第一ですが、フィラリアに罹らないために飼い主が愛犬にできることは、

  • 毎年のフィラリア予防の投与
  • (飲み薬の場合)必ず時期が過ぎても最後まで投薬を続けること

その2つです。
飲み薬の場合蚊が居なくなった時期でも投薬する薬がまだあるのであれば中断してはいけません。
シーズンの最後に蚊に刺されてしまうとそのフィラリアは飲み薬の投与がない場合駆除ができません。
必ず最後まで投薬は使い切るようにしましょう。

蚊取り線香を焚くことも一つの案ですが、不確実ですので必ず動物病院へ行き、薬を貰うか注射の接種を行うようにしましょう。
また、蚊は暗く湿気の多い場所を好みます。
散歩時は田んぼや用水路、雨上がりの草むらなどは蚊が多く媒介している可能性があるため、なるべく犬が入っていかないように注意をしながら散歩することも必要です。