人気の小中型犬

キャバリア・キングチャールズ・スパニエル

キャバリア・キングチャールズ・スパニエル

昼寝するキャバリア
原産国:イギリス正式名称:キャバリア・キングチャールズ・スパニエル 別名:キャバ
英語表記(Cavalier King Charles Spaniel)
平均体高
オスメス共通30cm~33cm
平均体重
オスメス共通5kg~8kg
平均寿命:9歳~14歳

キャバリアのルーツ

キャバリアは中世の頃からイギリスで愛され続けてきたスパニエル種です。キャバリアの正式名称に「キングチャールズ」とあるように、17世紀のイングランド王チャールズ1世に溺愛されていました。
その後、18世紀にはパグや狆(ちん)など、顔が平坦な犬種との交配が進み、小型で鼻の低い「キング・チャールズ・スパニエル」が生み出されて人気を集めました。しかし、19世紀になって過去の凛々しい姿を蘇らせようという活動が起こり、再びかつての姿に近いキャバリアが復活しました。
キャバリアは、一度品種改良をされながらも、後の時代に元に戻されたという特異な歴史を持つ犬種なのです。

キャバリアの特徴

キャバリアの特徴はクリクリした目と、長く垂れた大きな耳です。
絹糸のようなサラサラの被毛が美しく、毛色は赤褐色(ルビー)、黒っぽい赤褐色(ブラック&タン)、白っぽい赤褐色(ブレンハイム)、黒白赤褐色(トライカラー)の4パターンがあります。
足を覆うモップのような長い飾り毛が特徴的です。

キャバリアの性格

名称にもなっている「キャバリア」には、騎士という意味があります。騎士道精神を持ち合わせた、紳士的な男性のように穏やかで社交的な性格をしています。人の膝に乗ることが大好きで、触られるととても喜びます。
初めて見るものにも恐怖より好奇心のほうが勝り、何にでも興味を持ちます。争いを好まない温厚な性格で、威嚇して吠えたり咬みつくなど攻撃的な行動はほとんど行いません。
しつけも厳しく行う必要はなく、失敗や悪戯をした時には小さな声で落ち着いて注意を促すだけで学習してくれます。

キャバリアの病気や体ケアに関すること

キャバリア特有の遺伝子疾患に、脊髄空洞症があります。珍しい病気ですが、キャバリアでは9割近くがこの問題を抱えているとされています。
キャバリアは頭蓋骨が小さいため脳との隙間が狭く、頭部の血管が圧迫されて脳脊髄液の流れが悪くなりやすいです。それが原因で、脊髄内に液体が溜まり発症します。
発症しても無症状であることが多く、命にかかわる危険は少ないですが、運動麻痺や知覚障害、排泄などに影響が出る可能性があります。首の後ろ側に違和感を覚える動作をしている場合には注意が必要です。

被毛が多く長いため、暑さに弱く熱中症になりやすい傾向にあります。夏場の散歩などは無理に地上を歩かせない、日陰を歩くなど、工夫が必要です。
耳が大きく垂れていて風通しが良くないため、中耳炎にかかりやすいです。定期的に耳の検査や掃除を行いましょう。