猫の疑問あれこれ

猫の習性や行動

猫の起源は古代エジプトまで遡ります。
最初は現代で言う愛玩動物という概念ではなく、宗教の信仰対象として扱われていました。
その後、ネズミやヘビなどの害虫駆除のために猫が家畜化されたと考えられています。

猫は基本的に1匹で生きていく動物で群れを作りません。
そのためリーダーというものが存在しなく服従という文化もありません。
だたし親を一人決める性格があるのでその人には特別甘えるといった特徴があります。
猫好きな人はそういった自分だけを愛してくれるといった猫に惹かれている人も多いのではないかと思います。

ここでは猫の習性や行動に触れ、猫がどういった動物であるかを深く理解できる内容になっています。

猫の毛づくろい

なぜマーキングするの?マーキングするのはオス猫だけではない!

マーキングは、去勢をしていないオス猫によくみられる光景です。
しかしマーキングの行為はオス猫に限った行為ではありません。
オス猫の場合、縄張りを主張するためにマーキング(スプレー)行為を行います。
去勢していないオス猫の匂いは独特の強い臭いですが、去勢すると大抵この行動は治まります。

そのほかにもマーキングをしてしまう理由が考えられます。

  • トイレの場所が変わった
  • トイレの掃除が行き届いてなかった
  • トイレが狭い
  • ストレス解消

といったトイレや生活環境の変化でもマーキングが起こってしまう原因です。

猫は綺麗好きなので、トイレが狭く汚い場合は、その腹いせにトイレの周りで粗相をしてしまうなどの行為が多く見られます。
トイレは常に綺麗になるように心がけ、トイレの位置などはなるべく最初に決めた位置から大きく動かさないようにしましょう。
習慣づいてしまうと猫にとってそれが当たり前になってしまうので習慣づいてしまう前に早期発見することが大切です。
マーキングの対策として有効なのはトイレの環境を整えることが一番大切ですが、オス猫の場合どうしてもスプレー行為などで困ることがあります。
そういった場合は市販で売っている猫用のおむつを利用すると良いでしょう。

下記のような商品で試してみてはいかがでしょうか?

猫の爪とぎは愛情表現でもある

猫を飼うと必ずついて回るのが爪とぎの問題です。
猫は家の壁や家具など爪とぎがしやすそうな場所が大好きです。
賃貸や新築などせっかくの綺麗な壁にガリガリと爪とぎをされては困ります。

猫が爪を研ぐ理由は3つあり

武器を磨いている

猫は生まれながらの本能があり、いついかなる時でも敵を捕まえられるように爪を研いでいます。

マーキング

行為は犬のおしっこと似たようなもので、猫の肉球には臭腺という臭いを発生させる構造があり、擦り付けてマーキングしています。

飼い主と遊びたい興奮のきもちを抑えている

一見すると機嫌が悪そうだと思われる爪とぎですが、実は飼い主と遊ぶ気満々で高ぶった気持ちを爪とぎに転嫁していることもあります。
特に飼い主を見ながら爪とぎをしている時はこのサインであると読み取っても良いでしょう。

しかしいくら愛情表現と言っても家中傷だらけにされるのは勘弁してほしいものです。
対策として100円均一などで販売されているリメイクシートや透明なシートを爪とぎされそうな場所に事前に貼ったり、猫ちゃん用の爪とぎのおもちゃや爪とぎ用段ボールなどを置いてあげることで壁や大切な家具を守ることができます。

猫のしっぽの仕草で感情がわかる

猫のしっぽは一番感情が出やすい場所です。
猫のしっぽの向きや振る速さによっても感情は全く変わってきます。
ここでは尻尾からわかる猫の感情、6つをご紹介します。

しっぽがくるんと上向きになっている

この時は猫が今幸せな気持ちであることを示しています。
猫にいい飼い主として認められている証拠であって、ごはんが欲しい時や、甘えたいときによく見ることができます。

しっぽが逆立ってぶわっと膨らんでいる

この時はおびえていることを示しています。
しっぽを逆立てて膨らませることで自分自身を大きく見せて威嚇しているのです。

しっぽをだらんと下げている

この時は元気が無かったり、体調が悪い場合によく見られます。
猫の表情やしぐさなどからも感じ取れることもあるのでしっかり観察をして必要な場合は動物病院へ相談するようにしましょう。

しっぽを素早く左右に振っている

この時はイライラして怒っている時なのでそっとしてあげましょう。

猫を抱きかかえたときにしっぽを素早く動かしている

この時は嫌がっていることを示しています。
なるべく早くおろしてあげるようにしてください。

ゆっくりと尻尾を動かしている

この時はリラックスしていることを示しています。
友人や他の人が猫を抱っこするときは飼い主が一度抱っこし不機嫌でないか確かめてから抱っこさせるようにすると猫も嫌がらずに抱っこさせてくれることが多いです。

さらに猫はおしりを見せてくることがあります。
この行動には一見飼い主を馬鹿にしていたり、嫌われているような行為に見えますがむしろその逆で、おしりの匂いを嗅がせて愛情表現をしていたり、おしりを摺り寄せてくる場合は人間で言うハグをしているのと同じ行動です。
猫が飼い主を信頼している証ですので優しく見守ってあげましょう。

猫のもみもみには悲しい理由もある

毛布などを『グーパーグーパー』したり『ふみふみ』したりする行為は実は悲しい理由でもあるのです。
すべての猫がこの行動を見せるとは限りません。
この行動は母親猫に甘えたくて取る行動で、子猫の時に母猫に十分に甘えられなかった子猫が時々見せる行動です。

前足で『ふみふみ』するのは母乳が出るように母猫の身体を押し出す行動で、同時に口も『ちゅぱちゅぱ』させていることもあります。
しかし、逆に愛情表現でもあると捉えても欲しいのです。
飼い主の膝の上や体の上で『ふみふみ』する行動をしていたり、飼い主の横でふみふみの動作をしている時は、子猫の気分になって甘えたりくつろいでいる時でもあります。

猫はなぜ⽔が嫌いなの︖

犬よりも猫のほうが格段に水を嫌がります。
理由ははっきりとはわかっていません。

カナダの獣医師会では『水を嫌う理由の一つとして猫のルーツが乾燥した砂漠地帯でありその独特な気候の中で進化してきたことと関係があるかもしれない。その中で川や湖、雨を経験することがなかったため別の場所で進化してきた動物種ほど水に慣れていない』と提唱しています。

しかし水につかったりするのは苦手な猫でも蛇口からの水にはよく手を当てて遊んでいる猫の動画などを見たことがある人も多いのではないでしょうか?
これもはっきりとはわかっていませんが専門家は『遊び心をくすぐるか、そうではないかといった点で関係があるのではないか』と理論づけています。

猫の毛づくろいは起きている時間のほとんどって本当?

猫は綺麗好きであるため起きている時間の3分の1は毛づくろいをして過ごしています。

猫の舌にはザラザラとした突起がついていて、この突起がブラシのような役割を果たします。
毛繕いは猫にとって、毛皮を綺麗に保つことや、体についた臭いを消すこと、体温調節やリラックス効果として用いられ猫の本能的な行動には必要不可欠です。

しかし、毛づくろいをした毛が身体の中に入ってきてしまうことが多く消化できないため便から排出されずに消化管に溜まってしまいます。
そうして溜まった毛玉は口から吐き出すことしかできないため、毛を嘔吐するような形で外に排出します。
特に毛の生え変わりの時期(換毛期)では毛玉が多く排出されます。

毛玉を吐き出した後に食欲もあり体調に変化がなければ放置しても問題はありませんが、頻繁に吐く行為が続いたり、吐こうとして咳き込んでなかなか排出されない場合は一度動物病院で診てもらうのが良いです。
毛玉は溜めすぎてもいいものではないため、日々の食事に取り入れた排出方法やブラッシングによる毛玉ケアを行うことで毛玉予防も同時に行ってあげると良いでしょう。

⽑づくろいをする大切な2つの理由

猫の毛繕いには2つの理由があります。

猫は自らの身を舐めることで暑さや寒さから身を守っている

寒い時期には猫は舐めて毛繕いすることで毛皮の表面を滑らかにし、より効率的に寒さから身を守っています。
夏場は汗腺のない猫にとって毛皮を舐めることは体を冷たく保つために役立っています。

野生時代から備わった本能的な行動

狩りの時に匂いで獲物に気づかれないために舐めて身体を綺麗にしています。
この習性から猫は綺麗好きとよく勘違いされていますが、本能で狩りのために準備しているということも考えられます。

なぜ動くものが好きなの︖

猫が動くものが好きな理由として野生の本能が備わっているからということが考えられます。
猫じゃらしなどの小さなおもちゃやテレビを見て動くのは獲物だと感じて捕まえたくなるからであって、なんだろうという好奇心や警戒心から動くものへの反応を示すこともあります。
猫じゃらしなどうごくおもちゃで遊んであげることで食べたものの消化のサポートになり運動不足の解消にもつながります。
メリットも多いのでそういった行動は、抑制せずに飼い主がきちんとどういった心理で反応しているのかを見極めることが大切です。