猫の疑問あれこれ

猫の食生活

猫の食生活にはキャットフードの他にも猫草やマタタビを利用した食事があるのをご存じでしょうか?
また、野菜や果物を与えている人も多いと思います。

ですが、猫草を与える必要性やマタタビの効果、与えていい野菜や果物、与えてはいけない食べ物などをきちんと理解している方は少ないようです。
子猫や老猫、成猫であっても間違った与え方をしてしまうと嘔吐や下痢を引き起こし、中には最悪の場合死に至る食べ物もあります。

ここでは猫草、マタタビ、与えても良い野菜・果物、与えてはいけない野菜・果物について触れています。
与える前の参考にご覧ください。

マタタビ

猫の食生活に猫草は必要?与えてはいけない場合の3つの理由

猫には猫草をあげないといけない?
猫草は食べ物の代わりになるの?
と疑問に思うことがあると思います。

実は猫草という植物はなく、イネ科の背の低い若い植物のことを猫草と言います。
市販で猫草として売られている草は「からす麦」「オーツ麦」がほとんどです。
もちろんこれらの草は猫が食べても安全です。

疑問で挙げた食べ物の代わりになるか与えないといけないのかという点では、やはり猫草だけでは食べ物の代用としては難しく、特に与えなくても問題がないのが猫草です。

では猫草は猫にとってどんな役割を果たすのでしょうか?

・飲み込んだ毛を吐くために胃を刺激して吐きやすくしている
・繊維質を取って便秘を予防する
・足りない栄養素を補う
・成長しきっていない子猫
・老猫になってから初めての猫草
・猫の胃腸が弱っている時は食べさせない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

飲み込んだ毛を吐くために胃を刺激して吐きやすくしている

猫はグルーミングの時にたくさんの毛を飲み込み、それを毛玉にして吐きますが、猫草を食べることで胃を刺激し毛玉を吐きやすくしているというメリットがあります。

繊維質を取って便秘を予防する

猫は肉食動物なので便秘になりやすく、猫草の草を食べることによって繊維質を取り便秘になりにくくしています。

足りない栄養素を補う

猫草はビタミンが豊富でこれらの栄養素を補っているのではないかと考えられています。
しかし、猫草は食べなくても問題はありません。
猫草の必要性に関しては獣医の中でも意見が分かれている状態です。
ただし猫草を与えるうえで注意が必要な猫がいます。

成長しきっていない子猫

猫は肉食動物のために繊維質の消化が苦手です。
子猫に与えると嘔吐を引き起こす恐れがあるため生後半年以上もしくは1歳以上になってから猫草を与えるのが理想です。

老猫になってから初めての猫草

成猫の時から猫草を与えている場合は問題ありませんが、老猫になってからいきなり猫草を与えてしまうと内臓に負担を与えてしまうためこの時期からの猫草は与えないほうが良いです。

猫の胃腸が弱っている時は食べさせない

成猫であっても頻繁に吐くことがあれば食べさせないほうがいいです。
猫草が体質に合わない猫もいるので、猫の個体によって好みがあるため求めれば与える程度で良いでしょう。

猫に野菜や果物は必要?

結論から言うと猫に野菜や果物は絶対必要というわけではありません。

本来猫は肉食動物なので総合栄養食であるキャットフードを食べていれば健康上問題が生じることはほとんどなく、与えるのであれば副菜程度に与えるのが理想です。

また老猫などで「ウェットフードやパウチの状態のフードを食べないときなど、人間が普段食べている野菜や果物であれば食べる。」といった場合には積極的に使用して良い野菜や果物もあります。

猫が食べていい野菜5選

猫の水分補給に役立つ野菜もあるのでぜひ参考にしてください。

大根

大根は猫に与えて悪いものではありません。
大根は90%以上が水分で、ビタミンB群やビタミンC、鉄分やカリウムなどのミネラルも含んでいます。
大根は生のまま与えると消化が悪いので、水分補給として与えるときは大根をすりおろして与える方法がおすすめです。

トマト

猫にとってトマトは、人間と同様にがんや肝臓などの疾患、ダイエットに効果的だと言われています。
水分量が多いトマトは夏の水分補給を助ける食べ物としても適していると言えます。
ただし適量を心がけて、たくさん与えないようにしましょう。
疾患を持っている猫は、かかりつけの動物病院や獣医師に相談したうえで与えるのが良いです。

きゅうり

きゅうりは90%以上が水分でできていて、脂肪分やナトリウムが少なく低カロリーな野菜です。
夏の暑い時期に熱中症対策としておやつ代わりに与えることができます。
ただし適量を心がけ、たくさん与えないように注意が必要です。

白菜

白菜は猫が食べても問題のない野菜です。
白菜は成分の95%以上は水分です。
普段あまり水を飲まない猫にとって水分補給のメニューとして適量与えると良いです。
消化しにくい白菜を食べることで便通を刺激するため、舐めた毛を便と一緒に出す猫草と同じような役割を果たすことから、猫草の代わりに与えている飼い主さんも多いようです。

レタス

猫がレタスを食べても問題はありません。
しゃきっとしたレタスの歯ごたえを好む猫も多く、喜んで食べることもあるようです。
白菜と同様にレタスも水分量が多いので水分補給効果を期待することができます。

以上が猫に与えてもいい野菜5選でした。

野菜が硬い場合は軽くゆでて細かく切ってから与えてください。

また、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、にんじん、などは基本的に与えても問題はありませんが、大量に摂取をすると嘔吐や下痢に繋がってしまう食べ物ですので注意が必要です。
野菜は食物繊維や、ビタミン、ミネラルが豊富ですので適量を常に心がけましょう。

猫が食べてはいけない野菜5選+1

野菜の種類によっては、猫の身体によくない影響を与えてしまう物があります。
下記では、猫に絶対に与えてほしくない野菜を紹介しています。
どの野菜も猫にとっては危険なので、必ず確認してから与えるようにしましょう。

たまねぎ・長ネギ

これは有名なので知っている人が多いかと思います。
絶対に与えてはいけない野菜です。

猫にネギ類を与えてしまうと『ネギ中毒』を起こしてしまいます。
ネギ中毒になってしまうと、猫の赤血球の中にあるヘモグロビンという物質を破壊し、貧血や呼吸困難を引き起こします。
症状が悪化すると、血尿や嘔吐、下痢などに加え、黄疸なども表れて最悪の場合死に至ることもある大変危険な食材です。

特に子猫や老猫は抵抗力が弱く免疫も少ないので、少量であっても間違って食べさせないよう注意しましょう。

飼い主さんは、手の届くところや床に玉ねぎや長ネギが落ちていることが無いよう通根に注意を払ってください。

アスパラガス

アスパラガスにはアルカロイドという成分が含まれています。
このアルカロイドを猫が摂取すると腹痛を起こし、悪化すると嘔吐や痙攣を引き起こします。
一見与えても問題がなさそうに思えるので間違えて与えてしまう人が多い野菜です。
危険ですので注意しましょう。

ニラ・ニンニク

玉ねぎや長ネギと同じように猫に危険な野菜です。
意外と知られていませんがニラやニンニクを含んだ加工物も多いため、必ず内容物にニラやニンニクが入っていないか確認してから与えるようにしましょう。

春菊・ほうれん草

春菊やホウレン草などのアクが強い野菜には、シュウ酸という成分が含まれています。
猫がこのシュウ酸を取りすぎてしまうと尿石症に罹る恐れがあるので注意が必要です。
特に一度泌尿器系の病気に罹ったことがある猫は、与える前にかかりつけの動物病院や獣医師に必ず相談してから与えるようにしましょう。

トウモロコシ

トウモロコシや小麦などの穀物は、猫の消化器に負担をかけてしまい、下痢や嘔吐の原因に繋がります。
生であっても過熱後であっても与えないようにしましょう。
直接命にかかわることはありませんが、穀物アレルギーを引き起こすこともありますので与えないに越したことはない野菜です。

生の青魚

猫に生の青魚を与えてはいけません。
某アニメでは猫が魚をくわえている場面があり、猫に生魚は悪くないといったイメージを持つ方が多く、「ダメなの?」と疑問を持つ方も多いのですが、青魚には「アニサキス」という寄生虫がいます。
このアニサキスは、十分な加熱をしない限り死滅しない寄生虫です。
青魚を与えるときはしっかりと身の中まで火が通るように充分に加熱する必要があります。

ですが、青魚を与えてはいけない理由はまだります。

青魚には加熱しても「不飽和脂肪酸」が多く含まれているため、接取しすぎると黄色脂肪症という病気になってしまう恐れがあります。
与える場合は与える量を控えめにし、鮮度や調理方法にも十分注意したうえで与えるようにしてください。

猫が食べてもいい果物5選

多くの果物は水分が豊富で水分補給にとても効果的です。
夏の熱中症や夏バテを防ぐ効果もあるので様々な場面で役に立ちます。

しかし、果物も与えすぎると消化できず嘔吐や下痢の原因になってしまいます。
果物なら何でも食べていいというわけではないのできちんと食べてもいい果物と食べてはいけない果物を飼い主さんが理解することが重要です。

りんご

りんごはビタミンCや食物繊維、カルシウム、リン酸が含まれています。
りんごに含まれている成分には、便秘解消や尿決勝の予防効果がありますので、積極的に与えてほしい果物です。

しかし、リンゴの種にはシアン化物などの中毒成分が含まれている可能性があります。
種に近い部分を与えないように、なるべく皮や果肉部分を選んで与えるようにしましょう。
皮を与える際は、農薬が付着していることがあるため、無農薬のりんごを選ぶか洗ってから与えるようにするのがおすすめです。

梨は水分量が豊富です。
そのため夏の暑い時期に水分補給や夏バテ防止効果があります。
食物繊維も豊富なため、便秘解消にもおすすめです。

しかし、水分量が多い反面、与えすぎてしまうと下痢を引き起こしてしまう恐れがあります。
与えすぎには注意し、りんごと同様に種は取り除いて与えるようにしましょう。

バナナ

バナナも食物繊維が多く含まれています。
バナナはカロリーが高く、与えすぎると肥満や糖尿病の原因になってしまいますので、おやつ程度の少量に抑えるように心がけてください。

メロン

メロンには様々な成分が含まれています。
食物繊維、ビタミンB6、ナイアシン、養蚕、ビタミンA、ビタミンC、カリウムなどが含まれているだけなく、低カロリーで水分量も多く含まれているのでダイエットに効果的です。
メロンは固いため、大きなまま飲み込んでしまうと胃腸炎を起こしてしまったり消化管を傷つけてしまう危険があるので、与えるときは小さく切って与えましょう。

スイカ

猫とって良い栄養素がスイカには備わっています。

豊富な水分量に加え、ビタミンやミネラルも豊富で、果肉の食感も固すぎず、猫が食べやすい果物のひとつでしょう。
低カロリーでダイエット効果が期待できますが、水分量が豊富なため、あまり多く食べ過ぎてしまうと下痢を引き起こしてしまうので、与える量には気を付けましょう。

上記のほかにも桃やクランベリー、いちごなども猫に与えてもいい果物です。
適量を飼い主さんが管理しながら与えるようにしてください。

猫が食べてはいけない野菜4選

アボカド

良く野菜に間違われて扱われることの多いアボカドですが果物の仲間です。

アボカドにはペルジンという成分が含まれています。
このペルジンという成分を体の中に取り入れてしまうと、下痢や嘔吐のほかに呼吸不全や消化不良を起こす危険があります。

海外のキャットフードでアボカドが入っているものがありますが、ここで記載されているアボカドは、猫が食べても問題の無い別の種類が使われています。
アボカドは1,000種類以上の種類があるそうです。
日本で多く売られているアボカドは、有害成分が多く、海外ではそうでないアボカドも多く出回っており、海外のキャットフードにはそういったアボカドが使用されています。

マンゴー

マンゴーは、人間でもアレルギーを起こしやすい果物です。
猫がマンゴーを口にした場合でも、唇や口内にかゆみや炎症を引き起こすことがありますので与えないほうが良い果物です。

イチジク

イチジクには皮や葉、果肉すべてに猫が中毒を引き起こす成分が含まれています。
食べてしまうと口の中で炎症を起こしたり、嘔吐してしまうこともあります。
さらに悪化すると皮膚炎を引き起こすこともあります。
飼い主さんは、絶対に与えないように気を付けてください。

ブドウ

ブドウは、犬も猫も与えてはいけない果物として有名です。
過去に犬がブドウの食べ過ぎで、腎臓の病気に罹ったという報告があります。
猫への安全性もしっかりとは確かめられていないため、有害な可能性が高い果物です。
意外と忘れがちですが、干しブドウやレーズンも与えないように気を付けてください。

マタタビは何のために必要なの?実は食生活に意外な関係性がある

食べ物ではありませんが、猫の大好物にマタタビというものがあります。

食欲が落ちている猫にマタタビを利用することで食欲増進の効果を示します。

マタタビはマタタビ科マタタビ属の植物で、日本でも山や林などに自生にしています。

猫にマタタビの匂いを嗅がせると酔っぱらったような行動を見せます。
マタタビにはマタタビラクトンとアクチニジンとう成分が含まれており、これらの成分が猫の鼻と喉の近くにあるヤコブソン器官を通ることで酔っぱらった状態になると言われています。