国別の犬図鑑

カナダ原産の人気の犬種

ニューファンドランド

ラブラドールレトリバー

ラブラドールレトリバー
原産国:カナダ正式名称:ラブラドールレトリバー
英語表記(Labrador Retriever)
平均体高
オス56cm~57cm
メス54cm~56cm
平均体重
オス29kg~36kg
メス25kg~32kg
平均寿命:10歳~14歳

ラブラドールレトリバーのルーツや特徴

日本ではラブと呼ばれて盲導犬として広く親しまれています。

カナダで生まれたラブラドールレトリバーは、イギリスで鳥猟犬として活躍していたこともあり、盲導犬だけでなく、警察犬、探知犬など様々な役割を担い、世界中で親しまれています。

また水かきがついているのも特徴的で、泳ぎが大変得意な犬種です。別名「king of water fowl(水鳥回収の王)」とも呼ばれているくらいです。

ラブラドールレトリバーの性格

性格は穏やかで順応性が高いのが特徴です。

人間が大好きで家族にも愛情深く接し、猫や小型のペットとも仲良く生活できる子が多い為、とても飼いやすい犬種と言われています。

社交的な気質のため、番犬としては不向きと言われていますが、非常に賢く、周囲の異常を即座に察知してくれます。

穏やかではありつつも、遊びも大好きなので、2歳くらいまではやんちゃさに手を焼くことも多いでしょう。

非常にしつけのしやすい犬種ですが、しつけのトレーニング中に、やんちゃな一面が顔を出すかもしれません。

ですが、2歳を過ぎれば落ち着いてくる子が多いようですので、多少のわがままは多めに見ながらトレーニングしてください。

ラブラドールレトリバーの体ケア(被毛のケアや体のお手入れ)

短毛でダブルコートのため、下毛は抜けます。

適度なブラッシングが必要ですが、濡れても乾きやすく手入れはしやすいです。

水をよく弾く上毛と、冷気を通さない下毛で構成されているダブルコートは、寒さには強いと言われています。

また垂れ耳のため、耳の中が蒸れやすく、外耳炎を発症しやすいので耳は常に清潔にしてあげましょう。

ラブラドールレトリバーの体ケア(食事や体調管理、注意点など)

食欲は旺盛で太りやすいので、肥満にならないように注意しましょう。

肥満から関節の病気になってしまう可能性があるため、常日頃から体重や食べる量には注意が必要です。

体格は、オスはどっしりとしており、メスはほっそりとした印象を持たれます。

ニューファンドランド

ニューファンドランド
原産国:カナダ正式名称:ニューファンドランド
英語表記(Newfoundland)
平均体高
オス69cm~74cm
メス63cm~69cm
平均体重
オス60kg~70kg
メス45kg~55kg
平均寿命:8歳~10歳

ニューファンドランドのルーツや特徴

日本ではニューファンと呼ばれ親しまれていますが、まだまだ珍しい犬種です。

ジャパンケネルクラブ(JKC)では、なんとまだ160頭前後しか登録されておりません。

一方、世界中では海難救助犬として活躍している、いわば海のプロです。

ニューファンドランドの性格

性格は穏やかで、とてもフレンドリーで人に優しい気質のため、子供や他の犬とも仲良く生活できます。

フレンドリーさの反面、警戒心が低く、番犬には向かないと言われています。

ただ家族を守ろうとする気持ちは強く、緊急時には頼りになることでしょう。

人間が大好きで服従心も強いため、しつけはしやすいと言われています。

甘えん坊で依存心の強い子が多いため、日頃から褒めて、自信をつけさせながら育てると良いでしょう。

甘やかしすぎは要注意です。

ニューファンドランドの体ケア(被毛のケアや体のお手入れ)

被毛は長毛のダブルコートで身体も大きいため、日頃の手入れの大変さは覚悟しておかなければなりません。

できるだけブラッシングは毎日、少なくとも週に2~3回は必ず行いましょう。

換毛期も抜け毛がかなりあります。

また、泳ぎが得意な秘密はその足にあります。

足に水かき用の膜があり、被毛も下毛は皮脂をたっぷり含んでいて水をはじくため、真冬でも海で泳げるくらい寒さには強いです。

その分、暑さにはめっぽう弱いため、日本の夏には注意が必要です。

温度や湿度の調整が可能な室内飼いが良いでしょう。

ニューファンドランドの体ケア(食事や体調管理、注意点など)

ニューファンがなりやすい病気に、大型犬に多く見られる消化器系の疾患があります。

これはドカ食いなどをしてしまうと発症しやすいため、食べる量は適宜調整し、下痢などの症状を確認した場合は、早めに獣医さんに診てもらうと良いでしょう。