国別の犬図鑑

イギリス原産の人気の犬種

ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバー
原産国:イギリス正式名称:ゴールデンレトリバー
英語表記(Golden Retriever)
平均体高
オス56cm~61cm
メス51cm~56cm
平均体重
オス30kg~34kg
メス25kg~32kg
平均寿命:10歳~12歳

ゴールデンレトリバーのルーツや特徴

ゴールデンレトリバーの起源ですが、実はよくわかっていません。

よく言われるのが、ラブラドールレトリバーの長毛タイプということですが、こちらの犬種とはそもそもの成り立ちが異なると言われています。

レトリバーという名前を日本語に訳すと「持ち帰る」という意味ですが、古くから鳥猟用として活躍したと言われており、撃ち落とした獲物を取りにいく嗅覚の鋭さからその名が付けられたようです。

泳ぎが得意な犬種としても知られています。

ゴールデンレトリバーの性格

性格は大変穏やかで、洞察力もあり、人といることを好む傾向にあります。

精神的にはやや幼く、はしゃぎすぎて飼い主さんさんを怒らせるなどの一面が見受けられます。

しっかりとしつければ良い家庭犬となってくれるでしょう。

ゴールデンレトリバーの被毛ケアや体のお手入れ

被毛はダブルコートで、大型犬の中でも手入れがしやすいと言われています。

垂れ耳の為、耳の中の蒸れには注意し、耳掃除はこまめに行いましょう。

日本の高温多湿な気候や性格なども考慮に入れるとすると、室内飼いがオススメです。

ゴールデンレトリバーの運動や遊び、飼育環境など

活発な性格のため、散歩は毎日十分な時間をとってあげると良いでしょう。

単調な散歩だけでなく、色々な遊びも取り入れつつ、遊びながらの訓練が良いでしょう。

一匹でいることを好まないため、一緒に遊ぶと喜ぶ子が多いです。

ゴールデンレトリバーの体食事や体調管理など

食欲旺盛な為、フードは一気に食べないように気を付けましょう。

おもちゃの誤飲なども危険ですから、小さいものを扱う際は注意が必要です。

なりやすい病気に悪性の腫瘍(ガン)があります。

特に高齢期は定期的な健康診断を受けさせて、早期発見に努めましょう。

食器を持つゴールデンレトリバー
ゴールデンレトリバーにおすすめのドッグフードドッグフードは大型犬用や犬種別、ライフステージ別など様々で、愛犬の嗜好も加わると、ドッグフード選びは悩みが尽きません。ここではゴールデンレトリバーに焦点をあて、厳選した商品をご紹介させていただきますのでドッグフード選びの参考にご覧ください。...

ヨークシャーテリア

ヨークシャーテリア
原産国:イギリス正式名称:ヨークシャーテリア 別名:ヨーキー
英語表記(Yorkshire Terrier)
平均体高
オスメス共通15cm~23cm
平均体重
オスメス共通1.5kg~3kg
平均寿命:13歳~16歳

ヨークシャーテリアのルーツ

ヨークシャーテリアは、19世紀中頃のイギリス・ヨークシャー地方で誕生しました。
ヨークシャーの工業地帯や炭鉱で、害獣であるネズミを退治する狩猟犬として重宝されました。
多様なテリア種やマルチーズなどを複雑に交配して生み出された、比較的歴史の新しい犬種です。

1862年時点での名称は「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャー・テリア」でしたが、長すぎるため、1870年にヨークシャーテリアと改名されました。
「ヨーキー」という愛称でも親しまれています。

19世紀末頃にアメリカに渡ると、毛並みの美しさや小さな体が富裕層の人気を集め、狩猟犬から観賞犬へと変化しながら、世界中で愛されるようになっていきました。

ヨークシャーテリアの特徴

小型のテリアを交配し続けて生み出されたため、とてもサイズが小さい犬種です。
ジャパンケネルクラブ(JKC)では、チワワの次に小さい犬として公認されています。

地面に届くほど被毛が長く、仔犬の頃から成長するに従って毛色が7回も変化します。
質感も絹糸のようにサラサラしていて、その美しさから「動く宝石」と呼ばれます。

ヨークシャーテリアの性格

テリア種の血統を強く受け継いでいるため、勇敢で負けず嫌いな性格です。
自分よりも大きな相手にも果敢に飛びかかっていきます。
しっかりしつけをするととても優秀な働きを見せますが、信頼のおける飼い主以外には反抗したり威嚇する場合もあります。

縄張り意識が強く、自分のテリトリーを大事にする傾向にあります。
多頭飼いをすると喧嘩になることもあるので、他の犬との相性確認が不可欠です。

ヨークシャーテリアの病気や体ケアに関すること

遺伝的な原因から、膝のお皿が外れる膝蓋骨脱臼(パテラ)になりやすいです。ヨークシャーテリアは活発に動くため、足の怪我などの予防が難しいので、動きに異常がないかを日々観察しておくことが大切です。

ヨークシャーテリアに起こりやすい病気に、先天性門脈シャント(先天性門脈体静脈短絡)があります。
胃で消化された食べ物は、門脈と呼ばれる血管を通って肝臓で分解、無毒化されて全身に運ばれ栄養になります。
しかし、門脈がうまく機能しないために、シャントという別の血管を通って、毒素がそのまま全身に流れ込んでしまうことで起こる病気です。
2歳くらいまでに発祥しやすく、治療しないと死んでしまう危険な病気です。
食欲不振や嘔吐、下痢、痙攣などが起こった場合はすぐに病院に連れて行きましょう。

シングルコートの被毛は抜け毛が少ないですが、長く伸ばした毛が絡まないように、こまめにブラッシングをしてあげることが大切です。
短くカットしている場合は、温度差に弱くなりがちなので空調や服などで対策をしましょう。

キャバリア・キングチャールズ・スパニエル

昼寝するキャバリア
原産国:イギリス正式名称:キャバリア・キングチャールズ・スパニエル 別名:キャバ
英語表記(Cavalier King Charles Spaniel)
平均体高
オスメス共通30cm~33cm
平均体重
オスメス共通5kg~8kg
平均寿命:9歳~14歳

キャバリアのルーツ

キャバリアは中世の頃からイギリスで愛され続けてきたスパニエル種です。キャバリアの正式名称に「キングチャールズ」とあるように、17世紀のイングランド王チャールズ1世に溺愛されていました。
その後、18世紀にはパグや狆(ちん)など、顔が平坦な犬種との交配が進み、小型で鼻の低い「キング・チャールズ・スパニエル」が生み出されて人気を集めました。しかし、19世紀になって過去の凛々しい姿を蘇らせようという活動が起こり、再びかつての姿に近いキャバリアが復活しました。
キャバリアは、一度品種改良をされながらも、後の時代に元に戻されたという特異な歴史を持つ犬種なのです。

キャバリアの特徴

キャバリアの特徴はクリクリした目と、長く垂れた大きな耳です。
絹糸のようなサラサラの被毛が美しく、毛色は赤褐色(ルビー)、黒っぽい赤褐色(ブラック&タン)、白っぽい赤褐色(ブレンハイム)、黒白赤褐色(トライカラー)の4パターンがあります。
足を覆うモップのような長い飾り毛が特徴的です。

キャバリアの性格

名称にもなっている「キャバリア」には、騎士という意味があります。騎士道精神を持ち合わせた、紳士的な男性のように穏やかで社交的な性格をしています。人の膝に乗ることが大好きで、触られるととても喜びます。
初めて見るものにも恐怖より好奇心のほうが勝り、何にでも興味を持ちます。争いを好まない温厚な性格で、威嚇して吠えたり咬みつくなど攻撃的な行動はほとんど行いません。
しつけも厳しく行う必要はなく、失敗や悪戯をした時には小さな声で落ち着いて注意を促すだけで学習してくれます。

キャバリアの病気や体ケアに関すること

キャバリア特有の遺伝子疾患に、脊髄空洞症があります。珍しい病気ですが、キャバリアでは9割近くがこの問題を抱えているとされています。
キャバリアは頭蓋骨が小さいため脳との隙間が狭く、頭部の血管が圧迫されて脳脊髄液の流れが悪くなりやすいです。それが原因で、脊髄内に液体が溜まり発症します。
発症しても無症状であることが多く、命にかかわる危険は少ないですが、運動麻痺や知覚障害、排泄などに影響が出る可能性があります。首の後ろ側に違和感を覚える動作をしている場合には注意が必要です。

被毛が多く長いため、暑さに弱く熱中症になりやすい傾向にあります。夏場の散歩などは無理に地上を歩かせない、日陰を歩くなど、工夫が必要です。
耳が大きく垂れていて風通しが良くないため、中耳炎にかかりやすいです。定期的に耳の検査や掃除を行いましょう。

ビーグル

ビーグル
原産国:イギリス正式名称:ビーグル
英語表記(Beagle)
平均体高
オスメス共通33cm~40cm
平均体重
オスメス共通8kg~14kg
平均寿命:12歳~15歳

ビーグルのルーツ

ビーグルの祖先は、古代ギリシアの時代からウサギを狩る狩猟犬として人と共に暮らしてきました。
中世のイギリスで品種改良が進み、小型の犬種や現在の被毛に近い犬種が生み出されました。
イギリスではウサギ狩りをスポーツとして行っていたので、ビーグルは王族や貴族たちの良きパートナーとして重宝されました。
日本には明治時代に南九州に渡ってきました。日本産の犬と交配が行われ、薩摩ビーグルという犬種が誕生しました。
現代では人気キャラクター「スヌーピー」のモデルになった犬として、世界中で愛されています。

ビーグルの特徴

ビーグルはセントハウンド(嗅覚ハウンド)の一種です。獲物の臭いを嗅ぎ分ける能力に優れ、追跡能力も高いです。この種類の犬は、垂れた長い耳が特徴的です。
ハウンド種の中では小さい犬種に分類されていて、狭い場所での狩猟で能力を発揮します。
走るスピードはそれほど速くありませんが、体力があるので持久戦に強く、「追い鳴き」と呼ばれる大きな鳴き声を上げて獲物の居場所を知らせながら追いかけ続けます。その鳴き声から、「森の鈴」「草原の音楽隊」などの愛称で呼ばれます。
被毛はブラック、タン、ホワイトのトライカラーが主流です。森や草原でも目立つ色合いとして、長年維持され続けています。

ビーグルの性格

とても活発で愛嬌のある性格をしています。友好的で、飼い主以外の人や余所の犬ともすぐに仲良くなれます。
狩猟をしていた頃は群れを形成して活動していたため、多頭飼いや賑やかな場所での飼育に適しています。
逆に、甘えん坊で寂しがりな一面もあるため、長時間一匹で留守番をするような環境はストレスになりやすく、不向きです。
人間の指示を理解するまでに時間がかかることがあるので、しつけは粘り強く行うことが大切です。一度学んだことはしっかりと覚え、忠実に従ってくれます。

ビーグルの病気や体ケアに関すること

ビーグルは遺伝的疾患がほとんどなく、病気にかかりにくいため他の犬種に比べて長生きです。
活発に動き回るビーグルは老化が進むと骨への負担が大きくなり、椎間板ヘルニアを起こす危険が高くなります。年齢に合わせて運動方法を変えるなど工夫が大切です。
食いしん坊で肥満になりやすい体質のため、食べ過ぎには注意が必要です。また、何でも口に入れようとするので誤飲や誤嚥に気を付けましょう。
耳が長く垂れているので耳の中が蒸れて汚れやすく、中耳炎になりやすいです。日頃から耳を清潔に保って風通しを良くしてあげると良いでしょう。

コーギー

コーギー
原産国:イギリス正式名称:ウェルシュ・コーギー
別名:ヤード・ロング・ドッグ
英語表記(Welsh Corgi)
平均体高
オスメス共通25cm~30cm
平均体重
オスメス共通7kg~15kg
平均寿命:12歳~15歳

コーギーのルーツ

コーギーはイングランドのウェールズで、昔から牧畜犬として活躍してきた犬種です。カーディガンとペンブロークの2種類に分けられます。
カーディガンはカーディガン地方(ウェールズ西部)で紀元前から存在していた犬種で、ケルト人が牛を追うために飼育していました。
ペンブロークの起源は詳しく分かっていませんが、12世紀ごろにベルギーのフラマン人によってペンブロークシャー地方(ウェールズ南西部)に持ち込まれて定着したという説があります。現代ではエリザベス女王に溺愛され、英国王室の象徴とも呼ばれる犬種として有名です。
この2種類は、かつては同じ犬種として扱われていましたが、1930年代にアメリカのケネルクラブ(愛犬家団体)によって異なる血統であると認定されました。

コーギーの特徴

コーギーの特徴は、ピンと立った大きな耳と短い足、長い胴体です。
カーディガンには長い尻尾がありますが、ペンブロークは尻尾が短い、もしくは無い個体もいます。
ペンブローク種も生まれた時は長い尻尾を持っていますが、外見がキツネとよく似ているため、昔は牧草地で見分けやすくするために短くしていました。その風習が続き、生まれてすぐに尻尾を切ることが現代でも主流になっています。

コーギーには「踵を噛む」という意味があります。その名前の由来通り、かつて牧畜犬をしていた時には、牛の踵に噛みついて牛を誘導していました。その時の名残から、人の足にも噛みつくことがあります。

コーギーの性格

性格は活発で、走り回ることが大好きです。頭が賢く、飼い主の指示もしっかり覚えて忠実に従います。
好奇心が強く、素早く動くものに敏感に反応して追いかけようとする習性があります。興奮すると暴れるなど手がつけられなくなる場合もあるため、普段から落ち着いた行動をとれるようにしっかりとしつけをしましょう。
主にカーディガンよりペンブロークのほうが興奮しやすいとされています。

コーギーの病気や体ケアに関すること

コーギーは胴体が長いことから背骨に負荷がかかりやすく、腰痛や椎間板ヘルニアになりやすい傾向にあります。
激しい運動や肥満が発症の引き金になることが多いため、体重の管理や体に負担のかからない運動をさせることが大切です。

遺伝疾患として、変性性脊椎症(DM)があります。高齢になるにつれて発症しやすくなり、進行すると歩行や呼吸が困難になり、発症後2~3年で死亡するケースがほとんどです。
変性性脊椎症は遺伝疾患であること以外に原因が不明の難病で、治療方法が見つかっていません。診断を受けた場合には、コーギーの体に負担をかけないように介護を続けていく必要があります。

シェットランド・シープドッグ

シェットランド・シープドッグ
原産国:イギリス正式名称:シェットランド・シープドッグ
別名:シェルティー
英語表記(Shetland Sheepdog)
平均体高
オス37cm
メス35.5cm
平均体重
オス9kg
メス8kg
平均寿命:12歳~13歳

シェットランド・シープドッグのルーツ

シェットランド・シープドッグは、スコットランド最北のシェットランド諸島原産の犬種です。
島の羊(シェットランド・シープ)を管理する牧羊犬として、古くからこの地で活躍してきました。

中世の時代にバイキングによって持ち込まれたスピッツ種が起源で、ボーダー・コリーなどと共通の先祖を持つとされています。

19世紀になると、イギリス海軍によって本土に運ばれ、人気となりました。その後、他の小型犬と交配を繰り返して現在の姿になり、1909年にイギリスのケネルクラブで認定を受けました。当時はシェットランド・コリーという名称で登録されていましたが、コリー種との混合を避けるために現在の名称に変更されました。

近年は牧羊犬として活躍することはほとんどなく、一般的なペットとして世界中で愛されています。

シェットランド・シープドッグの特徴

首回りの襟巻のようなフサフサの被毛が特徴的です。耳は大きく前を向いていて、先端が少し折れ曲がっているのが理想とされています。体は体高より体長のほうが少し長く、胴長な印象がありますが、筋肉が発達してお腹もすっきりと引き締まっているので、バランスの良い体型に見えます。

外見がよく似ていることから小型のコリーとして扱われることが多いですが、実際はコリーとは血統上別の犬種として登録されています。

シェットランド・シープドッグの性格

シェットランド・シープドッグは牧羊犬だったこともあり、活動的で頭も賢く、飼い主の指示に忠実に従います。友好的で小さな子供とも安全に仲良く遊べますが、その反対に警戒心も強く、知らない人間に対しては吠えたり威嚇することもあります。

落ち着いていて我慢強い性格ですが、寂しがり屋な一面も持っています。そのため、飼い主に甘えたいのになかなか甘えられないという不器用さも持ち合わせています。我慢しすぎることでストレスがたまることもあるので、飼い主側からアプローチをかけて、甘えてもいい環境を整えてあげましょう。

シェットランド・シープドッグの病気や体ケアに関すること

先天的な遺伝性疾患である「コリーアイ症候群」という目の病気にかかりやすい傾向があります。発育不良によって網膜と結膜の間の脈絡膜が形成されないことから、目に血液や酸素などの栄養がうまく送れず、網膜が剥がれたり出血を起こして、酷い場合には失明する恐れもあります。
症状が重い場合は、生後1~2ヶ月で発症します。軽度のものは一見しただけでは症状が分からないため、行動におかしなところがないか定期的にチェックすることが大切です。