特集記事

コロナ禍で変わりつつある愛犬との過ごし方

コロナウイルスの蔓延による、おうち時間の増加に伴い、犬を飼う人がとても多く見られるようになりました。
犬の価格も高騰し続けているのも関わらず、「ペットブーム」と呼ばれるほど2020年から犬を飼う人が増えています。

しかしコロナ禍で愛犬との向き合い方が大きく変わったの方も少なくないのではないでしょうか?

コロナ禍によって愛犬と飼い主はどのような変化を遂げたのでしょうか。
また、どのように変化していく必要があるのでしょうか。

コロナ禍でペットと触れ合う時間と向き合えることは、命の大切さとは何なのかもう一度考え直す良い機会でもあると思います。
ここではコロナ禍で新しく愛犬を迎えた方から、在宅ワークや在宅授業が増え愛犬と過ごす時間が増えた飼い主さんは参考までにご覧ください。

コロナ禍での愛犬との過ごし方

なぜコロナ禍でペットを飼う人が増えたのか

「コロナで人と関わる機会がなくなってさみしいので、犬を飼いたい」
「テレワークで犬と一緒にいる時間を作ってあげられるようになったから」
「子供が在宅授業などで暇だというのでペットの飼育が良い暇つぶしになると思った」
という声が多く聞かれます。
やはり在宅ワークや在宅授業、子供たちが家の中で過ごす時間が多くなったことが一番の理由と考えられます。
さらにペットを飼う人が増えたことでペットの生態価格もかなり高騰しており「隠れペットブーム」がコロナ禍で起こっていると考えられます。

みんなが悩む犬と人間のコロナの4つの疑問

コロナ禍でなかなか聞けないペットとのあれこれや、実際に犬と人間がどのくらいコロナウイルスに関係があるのか不安な方が多いと思います。
ここでは厚生労働省から出されているQ&Aをもとに多くの方が悩まれている疑問について触れていきます。

新型コロナウイルスは、犬に感染する?

これまでにコロナに感染した人から犬に感染するというケースは数例報告されていますが、感染経路がしっかりと判明しており、飛沫感染や接触感染で感染することがわかっています。
そういったことを感染した飼い主が気を付けることで犬への感染は極限に抑えることが可能です。

犬がコロナウイルス感染するとどのような症状が出る?

今のところ現在流行しているコロナウイルスが犬にどのような影響を及ぼすのかは明確には特定されていません。
しかし犬には人間のコロナウイルスが流行する前から「犬コロナウイルス」というものが存在しています。
犬コロナウイルスでは消化管に感染することで下痢や嘔吐の症状を起こすことが報告されています。

犬から人間に感染することはあるの?

今のところ犬から人間にコロナウイルスが感染するというケースは報告がありません。
しかし犬から人間に感染する人獣共通感染症というものがあります。
人獣共通感染症はコロナウイルスにかかわらず様々なルートで感染しますのでコロナウイルスにかかわらず犬を触った後は必ず手洗いうがいを徹底するようにしましょう。

コロナ感染が怖くて狂犬病のワクチンをうちに行けないのですが・・・

本来であれば狂犬病ワクチンは4月1日から6月30日までに接種を終わらせる必要があります。
しかしコロナやまん延防止措置などの関係で6月30日までに接種できなかった場合は7月以降も行うことができるように延長されています。

コロナ禍から普段の日常に戻った時に考えられること

コロナは2021年10月現在、緊急事態宣言などが全国的に解かれるほど、新規感染者数も日に日に減っており、一時的なのかもしれませんが収束の兆しを見せています。
ワクチンの普及も拡大され、半数以上の日本国民がワクチン接種の2回目を終了しており、街にもだんだんと人の流れが多くなるようになってきました。
特効薬の開発や飲む治療薬の開発など明るい話題も多く聞かれ、経済も少しづつ回復し始め、コロナ以前の生活形態を取り戻す動きになっているように感じます。
リモートなどが無くなり元の生活に戻った時、コロナ禍で飼われたペットが悲惨な末路を歩むことの無いように、飼い主はコロナ収束後のことを考える時期にきているのではないでしょうか。

ペットの飼育放棄が急増

コロナ禍で在宅時間が増え、2020年は新しく飼われた犬と猫の頭数はここ5年で最多でした。(一般財団法人ペットフード協会調べ)
しかし、すぐ手放す人も少なくなく、団体に預けられる犬の頭数はコロナ前のおよそ5倍にもなっています。
早い人では、犬を飼い始めてから2日や1週間ほどで手放してしまう人もいると団体の方は語っています。
また、犬を飼うことへの知識が乏しいために、しっかりとしたしつけが行えなかったり、いざ飼ってみたらこんなはずじゃなかったという身勝手な相談から引き取るようなケースも増えているようです。
このことからコロナウイルスが落ち着く頃には、在宅勤務や在宅授業もなくなり、通勤や通学といった日常生活が戻ることが予想できます。
家にいる時間が少なくなることで、犬と触れ合う時間も減り、犬のしつけや散歩にかける時間も無くなり、飼育放棄が増えることが懸念されます。

ペットショップでは購入前に入念に確認される

ペットの飼育放棄が急増のことを受け、ペットショップでは子犬の購入時に以下のような事項を必ず確認するようになりました。

確認事項の一例
  1. しつけについて
  2. 避妊や去勢について
  3. 終生飼養のために必要な費用
  4. 犬のために1日に必要な時間
  5. 引っ越し予定の有無
  6. 子供の進学状況などによる先々の生活の変化

今までの販売方法とは異なり、保険の説明やお金の説明を詳しく行うことで飼育放棄をしないよう購入時から対策されていることがわかります。

動物愛護団体や、自治体、動物病院が行っている3つのこと

少しでもコロナ後の飼育放棄がなくなるように動物愛護団体や自治体は早めの行動をとっています。
自治体によっては、私たちが参加することでそういった活動を広めることもできる活動もあります。
実際にどんな活動を行っているのかを見ていきましょう。

オンライン譲渡会の実施

オンライン譲渡会では子犬や子猫の譲渡はもちろん、成犬や老犬なども紹介されています。
その理由として子犬や子猫は十分なしつけが必要でありどういう子になるのかなどの性格もまだ不明確なところがあるのに対し、老犬や老猫はある程度しつけされている状態の子が多く、性格もはっきりしており子供よりも飼いやすいといえるからです。

オンラインしつけ講座やしつけ教室の開催

飼育放棄され、新たな飼い主が見つからないといった悲しいことが起きないように、責任をもって飼える人間を育てるための活動も行っています。
具体的な内容は各動物愛護団体により異なりますが、

  • もう飼えないと相談に来た人の相談とともにアドバイス
  • オンライン通話(ZOOMなど)を利用して日頃のしつけに悩む飼い主にアドバイス
  • 定期的に完全予約制にのしつけ教室を開催

などコロナ禍でもできる様々なしつけ講座を行っています。

動物病院での保護活動

動物愛護団体や自治体だけでは犬を保管するスペースに限りがあります。
最近では動物病院での保護活動・里親募集を行っている動物病院が増えてきました。
動物病院内で預かり、掲示板などで里親を探す方法です。
動物病院には定期的に不特定多数の人が出入りし、もともと犬や猫をペットとして飼っている人が来院します。
そのため里親募集の紙をみて問い合わせしてくれるお客さんや、知人に紹介してくれる方も多く動物病院での保護犬や保護猫は譲渡先が見つかりやすいとも言えます。